\ フォローしてね /

体型カバー・下半身やせすぎ体型のためのボトムス選び着こなし術

このライフレシピのもくじたたむ

痩せていると周りから「足が細くていいわね」などと言われますが、本人は悩んでいることが多いものです。

ヒップ周りにボリュームが無さ過ぎたり足が細すぎたりすると、パンツスタイルも格好よく決まらないのです。

ここでは、痩せすぎ体型の方が体型カバーしながらファッションを楽しんでいける方法を考えていきましょう。

ボトムスを格好よく着こなす

下半身に肉が無さ過ぎるとスカートもパンツもなかなかスタイルを生かした格好よさを出すことが出来ずに悩みますよね。ピッタリなパンツを履けばガリガリに見えるし、ヒップラインも綺麗に出ません。

だからと言ってブカブカな服を着ていると、かえって痩せが目立ってしまったりします。

ここは、デザインや素材のチョイスでカバーしていきましょう。

身体にピッタリした服は避ける

全体的に、トップスが長めでスカートもタイトで長め、と言う「全身真っ直ぐ」なラインを作ってしまうと棒のようになってしまうので、避けます。

スカートのデザインで膨らみを作る

マーメイドラインのスカートは、ヒップの辺りに適当に丸みを作ってくれます。また、切り替えデザインなどのあるスカートも下半身のラインに動きを出してくれます。

ミニ丈を履く時は靴をブーツにしたり、ひざ下からレッグウォーマーを着けたりして細さをカバーしましょう。

パンツ選び

足にピッタリしたパンツを避ける事は言うまでもありませんが、柔らかい素材だと余裕のあるデザインでもブカブカに見えてしまいます。

細身デザインのパンツの場合は上にワンピースを着たり、シャツなどをヒップに巻いたりして、ヒップ周りのラインが出るのを隠します。

太めパンツはガッチリしたジーンズ素材の物が良いでしょう。素材がしっかりしていれば、中身の細さが解りません。服が作るラインでボディラインをカバーしましょう。

おわりに

細ければ、トップスもボトムスも掛けたり巻いたりして重ねていけば良いスタイルを作ることが出来ます。

痩せすぎな人が一番やってはいけないのは、シンプルすぎる格好。お洒落に重ね着してファッションを楽しみましょう。

(Photo by 足成:& Picture by KUKO)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。