生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. しわになりにくい洗濯物の干し方

しわになりにくい洗濯物の干し方

2011年02月08日作成

 views

はじめに

毎日の洗濯物は家族の人数によっては大量になることがあります。洗濯するだけでも時間がかかりますので、できるだけアイロンの手間は省きたいですね。

かと言って誰もが最新の洗濯乾燥機を買えるわけではありません。そこで今回はアイロンの手間を極力省くために心がけたい干し方のコツをご紹介します。

洗濯物をしわになりにくくするコツ

洗濯機からすぐ取り出す

他の家事と並行して洗濯をしている場合、つい洗濯していたことを忘れて洗濯機の中に洗い上がった服を放置してしまうことがありますが、これはNGです。

洗濯が終わったらできるだけ早く洗濯機から取り出しましょう。その時に1枚ずつ取り出し、上下に2~3回はたくようにするだけでしわが伸びます。

タオルなどは少し大変ですが10回以上はたくようにするとふんわりとした干し上がりになるのでおすすめです。

ハンカチの干し方

薄い素材のハンカチは特にしわになりやすく、また洗濯バサミの跡がつきやすいのでどうしてもアイロンが必須になってきます。枚数が多いと意外と時間を取られてしまうものです。

そこでハンカチは透明で表面が平らなガラス窓に貼り付けるようにして乾かすことをおすすめします。水気が残っているうちに干せば、アイロンの必要がないほど綺麗に干し上がります。

すりガラスや表面がでこぼこしているガラスではこの干し方ができませんので気をつけてください。

カッターシャツ・シーツなどの干し方

カッターシャツやシーツなどは干す前に小さくたたんでから両手でたたくとしわがある程度伸びるので、アイロンの手間が必要ない干し上がりになります。

枚数が多いと少し大変ですが、慣れると手早くできるようになります。後で時間をかけてアイロンがけをするよりも時間が短縮できて楽なのでおすすめです。

おわりに

今回ご紹介したコツは、どれも特別な道具や時間が必要ないので簡単に試すことができます。ぜひ次回の洗濯から活用してみてください。

本記事は、2011年02月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る