\ フォローしてね /

カラオケで演歌をかっこよく歌う練習方法

最近の若い人は頻繁にカラオケに行く人が多いと思いますが、どういった歌を歌っているのでしょうか。

今時の流行している歌を歌うのももちろんいいのですが、毎回同じ歌ではそのうち飽きてきてしまいますよね。

メンバーも同じ人で行く場合もありますから、そういった時はなおさら新鮮さが欲しいと思うでしょう。

そんな人は演歌を歌ってみたらいかがでしょうか。若い人は演歌を聴かないでしょうから、そこでかっこよく歌えたらきっと盛り上がると思います。

年配の人と付き合いでカラオケに行った時にも使えますね。今回はそういった時に備えて、カラオケで演歌をかっこよく歌うための練習方法を紹介したいと思います。

演歌と言えば「こぶし」

声を揺らすのではなく音程を上下させる

演歌の独特のテクニックと言えばビブラートに似ているようで微妙に違う「こぶし」ですね。

これが上手に使えると演歌を一気にかっこよく歌うことができます。しかしこのこぶしは難しいです。

声を必死に揺らそうとする人がいますが、その考え方ではつかみにくいですので、最初は音程を上下させることから始めましょう。

歌の語尾で伸ばすところを、音程を変えて、戻してを繰り返してみてください。こぶしのように聞こえるでしょう。

こういった練習でイメージをつかみ、習得していきましょう。

実際に顔を揺らす

うまくできない人は語尾を延ばしながら顔自体を揺らす方法も有効です。これなら確実にこぶしができるでしょう。

しかし顔が揺れていては見た目的にかっこ悪いです。なるべく揺らす範囲を少なくできるように練習しましょう。

プロの演歌歌手でもこの方法でこぶしをきかせている人はたくさんいます。そういった人たちはだいたい顎だけ揺らしてこぶしをきかせていますので参考にしましょう。

演歌をかっこよく歌うテクニック

身振り手振りを真似る

演歌歌手はその身振り手振りも独特です。曲の一番盛り上がるところでぐっと拳を突き出したりなどすることで強調することができます。

ですからこういった方法を真似てみましょう。テレビで歌っている映像などを参考にすれば具体的なイメージがつかめると思います。

おわりに

いかがでしょうか。若い人は演歌に挑戦しようとも思わないでしょう。ですからそこで意外性をついてかっこよく歌えれば注目の的になることができます。

そういった機会でかっこよく歌いこなせるように、この記事を参考にして練習してみてください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。