生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 最新の海外ドラマの楽しみ方~犯罪捜査・ミステリー系~

最新の海外ドラマの楽しみ方~犯罪捜査・ミステリー系~

2011年02月07日作成

 views

「24-Twenty Four」をはじめとして、いまや日本でも大人気の海外ドラマ。

日本のドラマとは規模もレベルも桁違いで、ハマる人も続出しています。そんな海外ドラマですが、やはりアメリカと日本では放送にタイムラグがあるため、なかなか最新情報をつかみにくいもの。

というわけで、この記事では最新のオススメ海外ドラマ(犯罪・ミステリー系)を紹介します!

THE MENTALIST/メンタリスト

THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [DVD]

あの 「LOST」「24」「グレイズ・アナトミー」を超えた全米視聴率No.1ドラマが、ついに日本発上陸!

という宣伝で日本に上陸したのがこのドラマです。

「メンタリスト」ってどんな人?

「メンタリスト」とは、心理学のプロのことです(読心術・テレパシーといったメンタルマジックを行うパフォーマーも該当します)。

観察や会話を通して相手のことを言い当てるコールド・リーディング、暗示や催眠手法を用います。

メンタリスト の中には、自らを霊能者や超能力者であると装って、テレビに出演する人間も多く、主人公「ジェーン・パトリック」もその経歴を持ちます。

 いままでにないストーリーが魅力

主人公「パトリック・ジェーン」は、元人気霊能占い師(メンタリスト)としてTVなどで活躍してきた経歴をもちます。

そんな彼ですが、出演したTVで、連続殺人鬼「レッド・ジョン」を挑発してしまい、家族を惨殺されたという過去をもっています。

「レッド・ジョン」を捕まえるために、彼は凶悪犯罪捜査が専門のCBI(カリフォルニア州捜査局)の捜査コンサルタントとして捜査協力をしています。

そんな捜査の現場での行動もあまりに型破り。

被害者の家に勝手に上がり込んだり、事情聴取でいきなり 「君が犯人か?」 と尋ねたり、事情を知っていそうな者に催眠術をかけてみたりと、常に周囲を混乱させる彼ですが、実はすべての行動には意味があります(といいたいところですが、一部「おふざけ」もあります。そこもお楽しみの一つです)。

 このドラマの楽しみ方

なんといっても、主人公の行動が突拍子もなさすぎて、最初は何を考えているかわからないところです。

彼の捜査チームを含め、視聴者自身もパトリックジェーンに振り回される。そして最後には「意外な」犯人を見つけ出すのです。

 主人公「パトリック・ジェーン」の魅力

注目すべきは、その型破りの捜査(とすらよべない?)手法でしょう。

事件関係者に「自分を動物に例えると?」「この料理には何を使ってる?」など、一見事件とは無関係の質問をしながら相手の心理を読み取ったり、会話中に密かに暗示をかけて、容疑者に自供させたり。

ただ本作品中で主人公が語っているように、「すべては科学」なのです。

また彼がときより見せる「陰のある笑顔」も、魅力の一つです。

 脇役ヴァン・ペルト役の「アマンダ・リゲッティ」

このドラマでひときわ目を惹くのが、第1話から「新人」として配属されるヴァン・ペルト役の「アマンダ・リゲッティ」です。

なんといっても、とびっきりの美人です。主人公とは「霊や神を信じるかどうか」で対立します。

ドラマでは「リグズビー」というデカイ男と捜査パートナーになるのですが、この二人の男女関係にも注目です。

ちなみに「リグズビー」は、並び替えると「グリズビー=熊」ですので、「美女と野獣」ということになります(笑)。

Lie To Me /嘘の瞬間

ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 DVDコレクターズBOX

あなたの嘘は顔に出る。「24」のプロデューサーが贈る全く新しい心理分析サスペンス!

The Mentalistが気に入ったら、こちらもオススメです!

このドラマの主人公も心理学のプロですが、表情から心を読むという表情分析学の専門家です。

元国防省出身で、現在は自身が設立した研究所の所長を務め、警察に捜査協力をしています。

 ストーリー

0.2秒の“微表情”から ウソを見抜いて事件を解決する心理分析のスペシャリストが主人公。

すごいのは、この主人公は「実在の」人物(P. エクマン博士)をもとに作られているということです。

つまり、このドラマで使われてる手法は、日常生活でも十分使えるということ(ただし、彼のように鋭い観察眼があればの話ですが…)。

おわりに

洋画ものは「吹き替え」と「字幕版」では全然印象が違うことがあります。両方見てみるのも楽しみの一つですので、ぜひチェックしてみてください。

本記事は、2011年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る