生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. シワになりにくい洗濯のやり方

シワになりにくい洗濯のやり方

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

小さい子がいたり、夏だったりすると、アイロンをかけるのは本当に億劫です。できるだけアイロンをかける手間を省くには、洗濯物を干すときに一手間かけることです。

それでも、アイロンとアイロン台を出すのに比べれば、ずっと楽ですものね!

シワになりにくい洗濯のやり方

ネットに入れて洗濯

洗濯物をすべてネットに入れて洗濯します。今まで脱いだらぽいぽいかごに入れていたのを、ネットに入れるようにするだけです。

柔軟剤を使ってすすぎ、脱水が終わったら、すぐに取り出して干しましょう!

脱水したまま置いておくのが、最もしわの原因になります。又、脱水しすぎるとそれもシワの原因になります。脱水時間の見直しをして損はありません。

ネットごとにハンガーで干すもの、下着類、などと分けると、干す時に驚くほど楽になります。ファスナーの色が違ったりすると分けて入れるのもそれほど大変ではありません。

又、型崩れやシワを防ぐと明言している洗濯ネットも販売されています。

CARL TECHNO ネット de キレイ 5マイセット NETKIREI5
ネットdeきれい シャツ用[3枚セット]【シャツのシワを防ぐ洗濯ネット。アイロンも楽々】

ぱんぱんと叩いて干す

干す前に、バタ、バタ、と振ってからハンガーや洗濯ハンガーに干します。慣れるといい音がするようになります。

さらに、両手でパンパン叩いてシワをのばしながら、形を整えます。ハンカチなどの小さい布は、干す前に手に挟んでパンパン叩きます。

シャツは、ソデやエリを引っ張って形を整えます。

洗濯ばさみを直接はさまない

シワになりやすい、薄くて固めの生地の場合、洗濯ばさみではさむと、洗濯ばさみの跡がくっきり残ってしまう場合があります。そうなるとアイロンをかけてもなかなかとれませんね。

あらかじめ折ったティッシュではさんで、その上から洗濯ばさみで止めるとしわになりません。

ただし、風の強い日に外で干すと、外れてしまう場合もありますので、そういう日は室内干しにしましょう。

又、「跡がつきづらい」ことをウリにした洗濯ハンガーも販売されています。家族が多ければ、衣類に応じて洗濯ハンガーを取り揃えるのも一案と言えると思います。

おわりに

以上のことをやっておくと、アイロンがけをするとしてもとても楽に出来るようになると思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110207081220

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る