生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. どんなときも会話をとぎれさせない4つのコツ

どんなときも会話をとぎれさせない4つのコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

友人、恋人、会社の上司…相手がだれであれ、二人きりのときの沈黙はとても気まずいものですよね。

そこで、当記事では、どんなときも会話をとぎれさせない4つのコツについて解説します。

相手のことを話題にする

会話をとぎれさせない第一のコツは、相手に相手のことをしゃべらせることです。そのために、「How about you?」と常に相手に対しておうかがいを立てることが望ましいです。

また、

「そういえばさっき(この前)~とおっしゃってましたよね?」

と、相手の発言を蒸し返しにするという作戦も有効です。この蒸し返し作戦は、相手に「自分の発言をちゃんと覚えていてくれた」という好印象を与えることもできるのでお勧めです。

目についたものを話題にする

会話をとぎれさせない第二のコツは、何でも目についたものを話題にするということです。

例えば、道を歩いているなら、

「おや、あそこに新しい店が出来てるね」
「そろそろ桜が咲きそうですね」

喫茶店でお茶しているなら、

「あそこに掛かっている絵、素敵ですね」
「あの店員さん、イケメン!」

という具合です。

目についたものをどれだけ話題にできるかどうかは、日ごろの鍛錬にもよります。一人で歩いたりお店に入ったりしたときに、頭のなかでシミュレーションしましょう。

共通の知人を話題にする

会話をとぎれさせない第三のコツは、共通の知人を話題にすることです。

ただし、悪口・陰口の類にならないように注意しましょう。おめでたい話題や、人を褒める話題にするのが望ましいです。

会話に詰まったことを話題にする

相手が口数の少ない人だと、上の3種をネタを駆使しても、それでも話題に詰まってしまうことはあります。

そういう場合には、最終手段として「会話に詰まったこと」を話題にしてしまいましょう。おそらく相手もあまり会話上手な人ではないので、共感が生まれるかもしれません。

おわりに

いかがでしょう。どんなときも会話をとぎれさせない4つのコツについてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたの会話術のヒントになれば幸いです。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110206170354

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る