生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. コンビーフと野菜たっぷりのヘルシー卵焼

コンビーフと野菜たっぷりのヘルシー卵焼

2012年09月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

中学生の頃から作っていた我が家のコンビーフ料理の定番の「コンビーフと野菜たっぷりの卵焼」を紹介します。

材料 (2人分)

  • 卵3個
  • コンビーフ缶詰 1缶
  • 人参(小さいもの1本)
  • ピーマン(3個)
  • きのこ類(まいたけ、しめじ、しいたけなどお好みのきのこ1/2パック)
  • 油、胡椒 適宜

作り方

ヘルシー版と通常版の2つのバージョンがあります。コンビーフの油が好きな方は通常版がお勧め、ダイエットしたい方はヘルシー版がお勧めです。

STEP1:野菜を切る

  • 人参、ピーマンは千切りにする。きのこがしいたけなら千切りにする。まいたけやしめじの場合は手で細かくほぐす。

STEP2:(ヘルシー版)コンビーフの下ごしらえをする

  • コンビーフ缶詰をあけて1センチ幅にスライスする。
  • 陶器の皿や器にクッキングシートを入れ電子レンジかオーブントースターにかける。(電子レンジで30秒から1分、オーブントースターなら3~5分)
  • 油がとけてきたら、取り出しクッキングペーパーで油を拭き取ってしまう。
  • 油を拭き取ったコンビーフをほぐす

STEP2:(通常版)コンビーフをきる

  • コンビーフ缶詰をあけてコンビーフを1センチ角のさいの目切りにする。

STEP3:野菜を軽く加熱する

野菜を軽くいためる。(または、野菜を全部一緒の容器に入れ電子レンジで1分加熱する。)

STEP4:卵をほぐし野菜とコンビーフを混ぜ込む

  • ボールか大きめの丼などに、卵3個を割りいれよくほぐす。
  • コンビーフと野菜を卵に入れてよく混ぜる。スパイシーにしたい人だけここで胡椒を入れる。

STEP5:卵をほぐし野菜とコンビーフを混ぜ込む

STEP6:卵を焼く

  • フライパンに油を敷き、STEP5で準備した野菜とコンビーフ入りの卵を入れる。フライパンに蓋をして火を弱火にする。
  • 卵を焼き始めてから7分前後の中央以外は蒸されて固まってきたら卵をひっくり返す。(崩れやすいので大き目のフライ返しか、皿を使ってかえした方がよい。)
  • ひっくり返したら蓋をして1分前後焼きく。

STEP7:卵を取り出し皿に盛り付ける

  • 卵を取り出し皿に盛り付ける。(8等分に切れ目を入れてから盛り付けると食卓で取るのが楽。)

おわりに

通常版とヘルシー版の違いはSTEP2のコンビーフの下ごしらえだけです。人参、ピーマン、きのこに関わらずいろいろな野菜を入れて作れますが、緑黄色野菜の方が美味しいようです。

コンビーフに塩分が含まれているので、胡椒以外の調味料は使いませんが、物足りなければ、次回から塩などをお好みで足してください。現在のレシピで、ケチャップをつけて食べても美味しいです。

よろしければ、お試しください。

(Photo by Swan)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110206162240

本記事は、2012年09月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る