\ フォローしてね /

子どもの運動靴・上履きの洗い方

このライフレシピのもくじたたむ

お子さんの運動靴や上履き、これって意外に汚れるんですよね。上履きは一週間ごとに持って帰ってくるけどその度に真っ黒、または持って帰ってこない、なんてお子さんもいらっしゃったりしませんか?

って思っているよりも沢山の汗を吸収していて、かなりの雑菌が繁殖しているんです。あまりにも汚い靴を履いていると臭いも気になりますし水虫にもなったりしますので注意が必要ですよね。

というわけで今回は、運動靴・上履きの洗い方を紹介したいと思います。

用意する物

  • 汚れた靴
  • 靴用のブラシ
  • 洗濯洗剤、もしくは運動靴専用洗剤…適量

洗い方

STEP1:浸け置き

筆者は基本手洗いをオススメします。洗濯機を使った方が楽ですが、形が崩れるということと「靴を手洗いする」ということを子どもにも体験・経験して欲しいな、と思うので、洗濯機で丸洗いは最後の手段です。

バケツに靴が総て浸るくらいの量のぬるま湯(お風呂の残り湯でも何でも結構です)と洗剤を入れ溶かしたものを用意します。そしてその中に靴を浸けて置きます。

時間は一晩浸けて置くと結構綺麗になりますが、それが無理なようでしたら1~2時間程度で良いのではないでしょうか

意外と頑固な汚れの運動靴・上履きは基本浸け置きが良いと思います。この時紐は外して、黒くなっているようだったらそれも浸けてしまって下さい。

上履きは学校から持って帰ってきたらすぐに洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けておくと良いと思います

STEP2:ブラシで擦る

浸けておいた靴をブラシで外側・内側・裏を擦っていきます。汚れが酷い所は更に洗剤を極少量で良いので付けて擦ると綺麗に落ちると思います。

STEP3:すすぎ

靴の中のぬるぬるが取れ、泡が出てこなくなるまで良くすすぎます。

STEP4:脱水

筆者宅では脱水のみ洗濯機の力を借りています。洗濯機に洗った靴を入れ、脱水します。これ脱水だけだったら二層式の洗濯機が楽なんですけど、最近はなかなか見ないですもんね。

STEP5:干す

色落ちが気になるようでしたら、風通しの良い日陰に干すと良いでしょう。筆者宅では運動靴や上履きなんかはガンガンお日様にさらしていますが、何も異常は出ていません。

おわりに

子どもさんの靴洗いにお困りのようでしたら一度お試しください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。