生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 革製鞄のお手入れ方法

革製鞄のお手入れ方法

2011年02月05日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

革鞄。

ちょっと値は張るんですが、シックで、でもどんなコーディネートのワンポイントにもぴったり。筆者は男性がスーツに合う革鞄を持っていたりすると、それだけで格好良く見えてしまいます。

それに色が良いですよね。何年も使用されて良い色合いになった財布なんかを持っている方を見ると、「素敵!」なんて思ってしまいます。

憧れの革鞄(筆者にとっては)、既に「持ってる」、「使ってるよ」、なんて方も多いはず。では、お手入れはどうなさっていますか?解らないから、面倒臭いからと言って疎かにはしていませんか?

折角の素敵な革鞄なんですから、是非、末永いお付き合いをしてあげて下さい

と言うわけで今回は、革製鞄のお手入れ方法を紹介させていただきますね。

1、革製品にとって大切なこと

まずはこまめなお手入れが大切になってきます。湿気は大敵なので、乾燥して場所での保管をお願いします。

どうしても気になる汚れはクリーナーを使用します。使用する際は、あらかじめ必ず目立たない場所で試し拭きをしてから。水染め革の場合はクリーナーは使用できませんので、から拭きか消しゴムで汚れを落としてください。

2、普段のお手入れ

無色のクリームを良く擦り込んでから、しっかりとから拭きします。

3、軽い汚れや埃

鞄を使用後、必ずから拭きをして埃を落とします。軽く叩くと隙間に入った埃が落とせます。汚れや染みは柔らかい布で、牛乳または皮革用クリーナーを薄く伸ばしてから拭き取ります。

4カビ

軽く布で拭き取り、十分に乾燥させます。

青カビ、黒カビの場合は革の組織を壊すため修復できないので、湿気・カビには注意すること

5、水・醤油などの液状の物

すぐに水分を吸い取り、風通しの良い場所で陰干しします。乾燥して硬化していたら、軽く揉み解し皮革用乳化クリーナー類を塗ります。

全体が濡れてから乾燥すると変形を起こしやすくなるので内側に新聞紙などを詰め、形を整えてから乾かすように。中に入れた新聞紙は時々交換するように。

濡れた革は熱に弱いので、乾かす際はストーブやヒーターには近づけない

5、長期間しまう時

表面に保革油を塗り込み、中に新聞紙などを詰めて先に述べた通り、風通しの良い乾燥した場所にしまって下さい。

おわりに

いかがでしたでしょうか?日頃のお手入れを怠らず、素敵な革鞄を大切にしてあげて下さい。

本記事は、2011年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る