生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. おいしいお店かどうかを外観から見極める方法

おいしいお店かどうかを外観から見極める方法

2011年02月05日作成

 views

お気に入り

はじめに

街にはたくさんの飲食店があります。せっかくおいしいものを食べるために外食に出てきたのにおいしくなかった時はがっかりですし、時間とお金を返してほしくなりますね。

そこで今回はそのような残念な失敗をしないために、外観からおいしいお店かどうかを見抜くポイントをまとめてみました。

外観からおいしいお店かどうかを見抜くコツ

「ゴールデンタイム」客の入りを確認

新規オープンのお店は別にして、お昼のランチタイムや夜のディナータイムなのにいつもガラガラというお店は避けた方がよいでしょう。

もちろん日によって客数にはムラがあるので「たまたま今日はお客が少ない」とか「偶然いつもより多い」ということはあるでしょうが、基本的においしくないお店にお客は寄ってきません。

外観の手入れ具合

次に観察できるポイントは、その店の看板や植木、玄関などの外回りです。使用頻度による多少の経年劣化などはあるにしても、きちっとしたお店はそれなりの手入れがなされているはずです。

もし外観が汚れていたり壊れたものがそのままだったり、植木や花壇の手入れもなされていないようであれば、お客に対する対応もそのようなものかもしれません。儲かっているお店は忙しさを言い訳にして放置することはないでしょう。

逆に暇なお店ほど「することがある」とか「依頼するお金がない」などと言い訳を並べて、きっちり直したり手入れすることを怠っているかもしれません。

その日のおすすめ

ほとんどの飲食店では店外に置いてある黒板やホワイトボードなどにその日のおすすめメニューや日替わりメニューが書かれていますので、それを確認してみましょう。

いつ見ても変化がなく同じものしかないようであれば、あまり期待することはできないでしょう。普通に頑張っているお店であれば何かと変化をつけて常連の人を飽きさせないように工夫するはずです。

おわりに

外観は汚いけれど食事はおいしいというお店も探せばあるのかもしれませんが、大抵の場合は店主の思いが外観にも表れています。この記事が、おいしいお店選びのお役に立てばうれしいです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110205180757

本記事は、2011年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る