生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. エントリーシートを書く時に気をつけるポイント

エントリーシートを書く時に気をつけるポイント

2011年02月05日作成

 views

はじめに

就職活動中の学生のみなさんは、必ずエントリーシートを書くと思います。その時に、気をつけてほしいポイントがいくつかあります。

そこで今回は、エントリーシートを書く時に気をつけるポイントを紹介します。今就職活動中のみなさんは是非参考にしてみてください。

エントリーシートを書く時に気をつけるポイント

空欄をなるべく作らない

エントリーシートを書く際には、なるべく空欄を作らないようにしましょう。書類に空白が多いと、そこの会社に入りたいという熱意などが伝わりません。

しかしきつきつに書きすぎても読みにくいエントリーシートになってしまうので注意しましょう。あくまでも、バランスを取りながら記入するようにしましょう。

写真

エントリーシートには顔写真をつけますよね。その写真は出来れば写真屋さんで撮ってもらいましょう。証明写真は書類選考の上で大変重要な役割を果たします。

証明写真一つであなたの印象が変わります。機械で撮る証明写真ではなく、プロに撮ってもらい、あなたの印象をよく見せるようにしましょう。その際には、髪型や髭など、身だしなみを注意しましょう。

最近では、写した写真をデータでもらえるので、一度プロに撮ってもらいそれをデータでもらいましょう。写真が必要なときに現像すれば、またわざわざ撮影してもらわなくてもよくなります。

志望理由

エントリーシートには、必ず志望理由や自己PRを記入する欄があります。志望理由も、自己PRもとても大事なポイントになります。

たくさん書きたいことがあったとしても、文字数は限られています。そこで、結論を先に書き、簡潔に記入するようにしましょう。

また、短所は書かないで、自分のよいポイントを存分にアピールするようにしましょう。

おわりに

エントリーシートは、会社に提出する大事な書類です。丁寧に記入することはもちろんなこと、今回紹介したポイントに気をつけて記入するようにしましょう。内定がもらえますように。

本記事は、2011年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る