生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 不登校や引きこもりの子どもにしてはいけないこと

不登校や引きこもりの子どもにしてはいけないこと

2011年02月05日作成

 views

お気に入り

はじめに

不登校や引きこもりで悩んでいる子どもも世の中にはたくさんいます。しかし不登校や引きこもりを経験したことのない人が、引きこもりの子どもの気持ちを理解することは大変難しいです。

そこで今回は、不登校や引きこもりの子どもにしてはいけないことを紹介します。いくら自分の子どもだからといっても、してはいけないことがあります。

不登校や引きこもりの子どもにしてはいけないこと

あせらせる

多くの親の場合、原因をわかろうとしないまま、子どもを早く学校へ行かせようとしてしまいます。「学校行かないと、みんなから遅れちゃうよ」などと子どもをあせらせる言い方はしないようにしましょう。

あせられる行為をせずに、子どもから歩み寄ってくるのを待ってみましょう。不登校になる原因はもしかしたら学校内でのいじめかもしれません。

そんな原因があるのにも関わらず無理にでも学校に行かせようとする行為は大変危険です。子どもが自ら命を絶ったり、自虐をしないためにも、あせらせる行為はしないようにしましょう。

子どもを甘やかす

不登校や引きこもりの子どもを特別扱いして甘やかす行為をするのはやめましょう。あせらせて学校に戻す行為もいけませんが、親が子どもを甘やかしすぎると、子どもがわがままになってしまいます。

それぞれの家庭には、家庭内でルールがあるはずです。そのルールは社会に出たとき、友達との関係の中で大変役立つものです。

それを不登校の子どもにだけ甘くするということは、子どもの不登校を長引かせてしまう原因にもなります。

親は子どもに社会できちんと生活していけるように教育する義務があります。甘やかして、子どもの好き勝手にさせていると、どんどん子どもは社会に適さなくなってきます。

不登校から抜け出すためにも、甘やかしすぎず、家の中でもきちんとルールを作って接するようにしましょう。

おわりに

現在、不登校や引きこもりで悩んでいる子どもを持つ親に是非読んでもらいたい記事です。子どもの立場になって、考えてみましょう。

本記事は、2011年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る