生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 引きこもりの子どもへの接し方

引きこもりの子どもへの接し方

2011年02月05日作成

 views

はじめに

いじめや、家庭の問題などで引きこもりになってしまう子どもが世の中にはたくさんいます。そこで今回は、引きこもりの子どもを持つ親の、子どもたちへの接し方を紹介します。

引きこもりの子どもへの接し方

無理やり登校させない

引きこもりの子どもを無理やり学校に行かせようとしないようにしましょう。昔は、「無理やりにでも学校に行かせる」親がたくさんいました。

学校以外でも、児童館に誘ってみたり、ほかの手段で子どもが社会と繋がっていけるようにしましょう。

引きこもりになる子どもは何か悩みを抱えています。その理由をはっきりさせずに、登校を強制したりすることはやめましょう。

しかし、社会と全くつながりがないまま育つのもよくありません。そこで、児童館に誘ったり、習い事などをさせて社会との繋がりも作ってあげるようにしましょう。

原因をきちんと聞く

引きこもりになる原因は必ずあります。「いじめ問題」が多くをしめていますが、子どもはなかなか親に原因を言えないものです。自分を否定されるのではないか、という考えが多いからです。

そこで、子どもが引きこもりになった際には、きちんと子どもと向き合って話しを聞きましょう。そのときに、無理やり聞いたり、攻めるような言い方は絶対にしないでください。

引きこもりになる子どもはケアが必要なのです。何もなければ、子どもは不登校にはなりません。

子どもが心を閉ざしてしまう前に、親として子どもの気持ちを近いする努力をしましょう。最近では、不登校の本などもあるので、本を読んで、引きこもりのこと、子どものことを理解するようにしましょう。

不登校、ひきこもり こころの解説書―僕がひきこもりだったときに言えなかったこと
不登校の解法―家族のシステムとは何か (文芸新書)

おわりに

引きこもりの子どもを持つ親御さんたちは、是非今回紹介した方法を参考にしてみてください。

本記事は、2011年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る