生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 家電(テレビやパソコン等)のホコリ取りや手入れの仕方

家電(テレビやパソコン等)のホコリ取りや手入れの仕方

2012年05月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

電気製品がおいてる場所には静電気等でホコリもつきやすく、特にコンセントの差し口などではホコリがたまるとショートして火災の原因になる場合があるので、ホコリ取りを頻繁にしないといけませんよね。

テレビやパソコン等も、静電気等でホコリがつきやすいので、頻繁に手入れする事をオススメします。そこで、今回はテレビやパソコン等の機器のホコリ取りや手入れの仕方をご紹介します。

テレビやパソコンなどの機器の手入れ

テレビ

ブラウン管(画面)にもっともホコリがつきやすいので、こまめにティッシュや柔らかい布でふきましょう。

画面やテレビ上部のの汚れがひどい場合は、中性洗剤(住宅用洗剤)を薄めた液できつく絞った雑巾で拭いて、最後は乾拭きをします。テレビの裏の部分(通風孔の部分)はこまめに掃除機をかけてホコリを吸い取ります。

実はテレビの中(内部)にもホコリがたまるので、あまり放っておくと故障の原因になります。一年に一度位は電気屋さんに内部のホコリの掃除を依頼しましょう。

パソコン・ワープロなどの機器

普段は柔らかい布で乾拭きをします。汚れが酷い場合には、中性洗剤を薄めた液できつく絞った布で汚れを拭いて、その後は乾いた布でしっかり拭きましょう。

水滴がパソコンの内部に入らないように、必ず布はきつく絞って拭きます。少しでもしずくがパソコンの内部に入ると、それが原因でショートしたり、故障する場合があります。

電話機やオーディオ

ふだんは、羽根のはたきなどでホコリを払って、柔らかい布でふきます。汚れが酷い場合は、中性洗剤を薄めた液で布をきつく絞って拭き、その後は乾拭きをして仕上げます。

おわりに

家電の掃除をする場合はなるべくコンセントを抜いてから掃除をしてくださいね。特に水拭きの場合は感電する恐れがありますので注意をしてください。また、コンセント部分の掃除(ホコリ取り)も忘れずにしてくださいね。

また、これらの家電は直接日光のある場所や、水気のある場所(台所など)には置かないようにしてくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110205132544

本記事は、2012年05月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る