生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 学生の為の親孝行をするとっても簡単な方法

学生の為の親孝行をするとっても簡単な方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

 はじめに

学生のみなさんは両親にどのような親孝行をしていますか?

今回は「親孝行したいんだけど、どうすればいいか分からない」といった学生のみなさんの為に、「親孝行をするとっても簡単な方法」を紹介したいと思います。

 親孝行をするとっても簡単な方法

 何回使えてる?

学生の頃は些細なことで親と口論をしたり、対立してしまったりして、感謝の気持ちをなかなか伝えられないことも多いですよね。

そんな学生のみなさんに今日から実践して欲しいのが、「ありがとう」を使うようにすることです。

「ありがとう」という言葉は感謝を伝える為に必要な言葉の一つだと思いますが、一日の中でいったい何回ぐらい使えているか数えたことはありますか?

食事のとき、ワイシャツにアイロンをかけてもらったときなど、しっかりと「ありがとう」が使えていますか?

 当たり前のことから

本来ならば親は目上ですから「ありがとうございます」と敬語を使うのが「礼儀」というものです。

しかし、今までずっと敬語ではなかったのに、急に敬語を使うのも唐突過ぎて難しいと思います。なので、まずは感謝の気持ちを伝えるという、とても当たり前のことから始めてみることをオススメします。

親が子供の為に働いたり、家事をするということを「当たり前」だと思っている人もいますが、自立すれば何もかもすべて一人でしなければいけないわけですから、決して当たり前ということはないのですね。

「学業に専念して欲しい」「部活動に専念して欲しい」そんな気持ちで親は毎日子供の為に仕事や家事をこなしてくれています。

そんな両親のために「ありがとう」を伝えるのは当たり前ではないでしょうか。

 おわりに

孝行とは、子が親を敬い、親によく尽くす行いのことを言います。

「私(僕)は両親を尊敬しています」と、いくら心の中で思っていても、行動が伴わなければ、思っていないのと一緒です。

是非、今日から、「ありがとう」を使うように心がけてみてください。両親は突然のことで戸惑うかもしれませんが、親孝行の為の大きな一歩の為です。恥ずかしがらずに声に出してみてください。

きっと、両親も「どういたしまして」と笑顔で答えてくれるはずですから。

Photo: rolleicord-p400-1012-1 By umetan

この記事で使われている画像一覧

  • 20110205114341

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る