\ フォローしてね /

洋服についたガムをキレイにとる方法

何気なく座った場所にガムが捨てられていて、お気に入りの洋服を汚してしまったら、悲しいですよね。黒いズボンにべちゃっと付着したガムは、見た目にも分かりやすく跡が残ってしまいます。そういったとき、ガムをキレイにとる方法があるのをご存じでしょうか?実は、洋服の繊維に入り込んでさえいなければ、日にちが経っていても意外と簡単にとることができるのです。ここでは、洋服についたガムをキレイにとる方法を紹介しています。必要な材料と手順を押さえて、洗濯してみましょう!

何気なしに腰を下ろしたベンチや芝生の上にガムが落ちていたら・・。しかもそれがべっとり洋服についてしまったらショックですよね。

べとべとのガムはキレイに取るのが大変です。でも、ガムの性質を知って上手に利用すれば、割と簡単にとることができます。

用意するもの

  • ビニール袋に入れた氷またはコールドスプレー
  • サラダ油
  • 洗剤

やり方その1

ガムが洋服の繊維に入り込んでいなければ、この方法でペロッとはがれます。

デリケートな素材の服には不向きです。大切な服の場合は、専門店に相談しましょう。

STEP1

ガムは冷えると固まる性質があります。ビニール袋入りの氷か、コールドスプレー(捻挫や打撲用のもの)をつけて冷やします。

氷で冷やす場合は5分程度冷やします。コールドスプレーならかければすぐに冷えます。

STEP2

冷えたガムは固まって粘着力が落ち、軽い力できれいにはがれます。

やり方その2

ガムが洋服の繊維に入ってしまうと少し厄介です。その1の方法で取れなかったときはこの方法をお試しください。

シミや汚れなど服にダメージを与える恐れがあるため、家で洗濯できる洋服以外には不向きです。大切な服の場合は、専門店に相談しましょう。

STEP1

ガムは油になじみやすく、とける性質を持っています。繊維に入り込んだガムを油で溶かして取り除きましょう。

手で取れるガムをなるべく取り除き、残ったガムにサラダ油を少し塗ります。ガムがだんだんとけていくはずです。

STEP2

ガムが全部とけて見えなくなったら、洗剤で油をきれいに洗い流します。

おわりに

ガムは唾液の分泌を促進したり脳を活性化するほか、口臭予防にも強い味方です。でも、ガムのポイ捨てをすると他人に多大な迷惑をかけてしまいます。マナーはしっかり守りたいものですね。

(写真&イラスト 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。