生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ムートンブーツのお手入れ方法

ムートンブーツのお手入れ方法

2011年02月04日作成

 views

お気に入り

emuやUGGなど、おしゃれで高価なムートンブーツが流行しています。あたたかいし沢山履くのでいいものを…と結構高いものを買った人も多いのではないでしょうか。

そんな大切なムートンブーツですから、長く綺麗に履きたいですよね。でも、使用後、使ったまま置いておいたりしたら、そりゃ汚れが落ちなくなります。臭いも気になります。

そんな時は、正しいお手入れ方法を身に付けましょう。今回はムートンブーツのお手入れ方法が知りたいあなたにその方法、教えちゃいます。

用意するもの

  • 防水・防汚スプレー
  • スウェード専用ブラシ
  • 除菌消臭スプレー

やり方

STEP1:購入したらすぐに防汚・防水スプレー

雨の日に履くと、つま先が濡れて染みなってしまうムートンブーツ。そうなる前に、まず予防です。買ったばかりのブーツには左右まんべんなく、防汚・防水スプレー3回くらいずつ沢山かけてあげてください。

コロニル ハイテク 防水スプレー 【 ナノプロ 】
NIKWAX(ニクワックス) ヌバック&スエード スプレー EBE772 【撥水剤】

防汚・防水スプレーは靴屋さんや靴修理屋さんで購入することができます。

STEP2:ブラシをかける

使用後はブラシをかけましょう。この時も使うブラシは、スウェード専用のブラシというものがありますのでそれを使用するようにしましょう。

ブラシの仕方は、毛並みを揃えるように優しく丁寧にです。ブラシを強くかけすぎると、底の部分だけ剥げてしまう可能性があるのでご注意を。

汚れが酷い場合は丸洗い、またはクリーニングに出すといいでしょう。高級なものであれば、信用の置けるクリーニング専門店へ。安いものでしたら、自分で手洗いをしてみましょう。

手洗いの方法

バケツにぬるま湯を入れ、シャンプーを中にいれて手洗いをします。手洗い前に10~20分ほど浸しておくと汚れの落ちが良いようです。

手洗い後、ムートンブーツに付いた泡をよくすすぎ、毛皮や革がキシキシ固くならないようリンスを薄めた水にくぐらせ、型崩れしないように紙を詰めて陰干しをします。直射日光を避け、風通しが良いところに干すようにしましょう。

洗う際は熱湯を使わないこと!

乾かす際はドライヤーや乾燥機を使わない、直射日光もだめ

[REDECKER/レデッカー] ヌバック(起毛革)用シューズブラシ
[REDECKER/レデッカー]スエード用シューズブラシ

STEP3:中の除菌消臭

使用後すぐに除菌消臭スプレーを靴の中にかけておくと気になる臭いも気にならなくなりますし、除菌も出来て衛生的です。どうしてもブーツは不衛生になりやすいので。

毎回行うことがベストですが、せめて冬が終わって保管する時は除菌スプレーをかけてから保管するようにしましょう。

Dr.Scholl 消臭・抗菌靴スプレー 靴用 4003591
靴の除菌消臭スプレー220ml

おわりに

ちょっと気をつけるだけでかなり長持ちしますよ。レシピにしてみると、結構簡単なことですよね。防水スプレーをし、使用したらすぐに除菌消臭、ブラシで手入れの順にお手入れしておけば良いんですから。

この一手間がブーツを長持ちさせる秘訣ですので、気に入ってるものであればあるほど怠らないよう気をつけてください。

(image by rachel / PIXTA(ピクスタ))

この記事で使われている画像一覧

  • A88afb8f bb5c 4d27 928b 5087ff27f6c3

本記事は、2011年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る