生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 障害は特別なことではないと自覚して障害者とコミュニケーションを測るコツ

障害は特別なことではないと自覚して障害者とコミュニケーションを測るコツ

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

人は母親のお腹の中でスクスクと育って五体満足で産まれてくることが理想ですね。五体満足で産まれて元気に成長してくれることが何よりの幸せだと言えるでしょう。

残念ながら母親のお腹の中で障害を持って産まれてくる赤ちゃんもいるのが現実ですね。仮に障害を持って産まれてしまった場合でも父親や母親にたくさんのことを教えてくれる存在になるでしょう。

五体満足で産まれても病気や事故で聴覚や視覚を失うこともいますね。人生の途中で障害者になることは計り知れないショックだと言えるでしょう。自分の宿命をしっかり受け止めて強く生きて行かなければなりませんね。

周囲の人は憐れむのではなく健常者の人と分け隔てなく障害者の人たちとコミュニケーションを取れることが大切ですよね。健常者と障害者には大きな壁はないと認識しましょうね。

相手の立場に立てば答えは簡単

聴覚障害や視覚障害の人たちの立場に立って考えれば簡単にコミュニケーションが取れますよ。何も特別なことは必要ありませんね。

もしも自分が聞こえなかったら?

もしも自分の耳が不自由だったら健常者にどのように話しかけてもらいたいかを考えましょう。おのずと答えは見つかりますね。言葉が聞き取れないのであればジェスチャーや筆読をすればいいわけですね。

もしも自分が見えなかったら?

もしも自分の目が不自由だったら健常者にどのように接してほしいかを考えましょう。ひとつひとつの動作を言葉にしてあげれば大半のことは理解できるハズですね。

言葉に変えるときは出来るだけ細かく伝えてあげましょうね。右何度とか左何度などという言い方がベストですよ。一緒に歩行中などは必要以上に相手に触れずに自分の腕に軽くつかまってもらうとスムースに歩行ができますよ。

おわりに

健常者が身構える必要はどこにもありません。健常者のほうからどんどん話しかけたりコミュニケーションを測ることをおススメします。

障害は生まれつきのものであったり、途中で病気や事故ということも考えられます。高齢になった場合の老化ということで聴覚や視力が衰えることもありますね。

障害があるというのは決して特別なことではないということを意識しましょうね。健常者が障害者に対して行えることはたくさんあります。街中で障碍者の方が困っていたら勇気をもって声をかけられる様になりたいものですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110204132339

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る