\ フォローしてね /

自分の理想の恋人を知る方法(心理テスト&ゲーム形式)

理想の恋人、というと、何もかも完璧な人、と思いがちですが、実はそうではありません。その人によって、理想にしている恋人像は違います。

まずは、あなたがどんな人を理想としているのかを心理テストで見てみましょう。

恋人の条件は?

恋人にしたい人の条件を3つあげる

まずは、自分が恋人にしたいと思う人の条件を3つあげてください。内容はどんなものでもかまいません。

さあ、3つの条件があがりましたか?

もし3つの条件を備えた人が2人現れたら?

もし、先に挙げた3つの条件を全てクリアした人が2人現れたとしたら、あなたはどうやって一人の人を選ぶでしょうか。

実は、この最後に挙げた条件こそ、あなたが意識しているにしろ、意識していないにしろ、一番重要視しているポイントです。外見・内面、あなたはどちらを重要視していましたか?(ちなみに筆者は「背が高いほうの人!」と思い切り外見でした)

続いて、自分が恋人に求めているものをゲーム形式で探っていきましょう。

絶対に譲れない条件は?

自分が理想だと思う恋人の条件を8つあげる

自分が、こんな人がいいなぁと思う恋人の条件を8つあげ、メモ用紙1枚につき、一つずつ書いてみてください。

対戦方式で条件を選んでいく

条件を書いたメモ用紙を横1列に並べ、それを4つのペアに分けます。そして、それぞれのペアで、どちらか1つの条件を選びます。

さらに、選ばれた4つの条件をさらに2つのペアに分け、それぞれまた1つの条件を選びます。

そして、最後に残った2つの条件から、どちらがよりあなたには必要か選びましょう。時間がかかってもかまいません。自分にはなぜこの条件のほうが必要なのか、考えることが大切だからです。

おわりに

心理テストのほうでは、言ってみれば本能的な理想が、ゲーム形式のほうでは、理性的な理想があがってきたことと思います。

これらは、どちらも理想の恋人に必要な条件となります。そして、自分の理想が分かったら周囲の人に「私の理想はこういう人」と明言してしまいましょう。

口に出して言っていれば、周囲の人が理想に近い人を紹介してくれる可能性が高くなりますし、自分自身も迷いが少なくなりますね。

でも・・・・・・実を言えば、相手のことを本当に好きになってしまえば、その人が理想になってしまうものなのです。

「リーダーシップをとってくれる人が理想だと思っていたけど、実は彼のように私の意見を尊重してくれる人が、私には合ってたんだな」なんて思える相手が見つかると、一番素敵ですね!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。