生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動のための面接のテクニック

就職活動のための面接のテクニック

2011年02月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

就職活動の最後の砦が面接試験です。面接試験は、質問の答えだけではなく、振る舞いや姿勢なども面接官からのチェックポイントになります。

今回は就職活動での面接時のテクニックを紹介します。

一言目の挨拶を大きな声で

第一印象はとても重要です。始めに大きい声を出すことで、元気でしっかりとしている印象を与えることができます。

ですから、部屋に入るときの「失礼します」と最初に名前を名乗るときは、大きい声ではきはきと言うようにします。

面接前は緊張してしまいますが、最初に大きい声を出すことで緊張がとけていくので、自分にとってもいい効果があります。

事前にエントリーシートや会社概要をチェックしておく

会社に提出するエントリーシートは必ずコピーを取っておくようにしましょう。面接のときに、エントリーシートで書いたことに関する質問が出てくることがよくあります。提出してから時間があることが多いので忘れていることもあります。

前の日の晩から会社に向かう電車の中ぐらいまで、エントリーシートや会社概要を書いたパンフレットのようなものは必ずもう一度読んで頭に入れておきましょう。

余裕があれば、どんな質問が来るか、予想問題を作って、答えも考えておきましょう。

退席する前に

個人面接の場合は、面接が終わって帰る前に、「ありがとうございました」だけではなく、最後にもう一度お願いする言葉を言って、面接のお礼をするようにしましょう。

「会社のために精一杯頑張りますのでよろしくお願いします」「自分の経験は必ずや御社で生かすことができると思いますので、よろしくお願いします」

このような言葉を言い、最後に、自分をアピールして終わるようにしましょう。ほとんどの人は、お礼だけを言って終わるので、記憶に残ることが多いです。

おわりに

いかがでしょうか。ちょっとしたことで、面接時で自分をよりよく表現できるかが決まります。頑張って面接を突破してください。

本記事は、2011年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る