生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 落ち着くインテリアコーディネイトのすすめ

落ち着くインテリアコーディネイトのすすめ

2011年02月04日作成

 views

自分の部屋でもないのに、何となく落ち着く部屋ってありませんか。例えば友達の部屋。あまりにも居心地がいいので、みんなのたまり場になったりして。

そこで今回は、落ち着く部屋にするためのインテリアコーディネートについてご紹介します。

落ち着くインテリアのコーディネート法

色:落ち着く壁や天井の色を選ぶ

まず一番に考える必要があるのは、壁紙や天井などの色です。例えば、壁紙の色が「赤」だったとします。どうですか?落ち着きますか?

答えはノーです。赤だとなんだか落ち着かないですよね。赤は「戦いの色」といえます。一説によると、闘牛で使われている赤い旗は、観客席の人間を興奮させるのだとか。

ですから、壁の色は、グリーンやベージュをお勧めします。なぜなら、グリーンは自然界の緑を、ベージュは同じく自然界の土の色を表しているからです。

これらのネイチャーカラーは人間に安らぎを与えてくれます。ただ、あまりにも濃い色だと落ち着きません。濃い色の場合は所々に(カーテンなどに)アクセントのように取り入れるといいでしょう。

また、天井の色にも配慮が必要です。天井の色は出来れば、壁や床の色よりも薄い色を選びましょう。つまり、床は濃く、壁、天井と上にいくに従って明るくしていくのです。その方が精神的に落ち着きます。

また、不眠症の方は薄い青色の壁紙を選びましょう。青は海の色です。壁が青だと安眠できると言われています。

また、照明は(青白い)蛍光灯ではなく、白熱灯か白熱色の蛍光灯を選ぶようにします。

テーブル(こたつ)~床にごろんと、横になれるように低いものを選ぶ

日本人ですから、やっぱり和風の方が落ち着きます。純和風ではなくても、床に直に座れる環境の方が落ち着きます。例えば、こたつ。

こたつですと、床に寝そべったりできます。寒い日には、みんなでこたつの中に足を伸ばして、ごろんと横になったら、何か落ち着きませんか。

これが洋風のテーブルだとこうはいきません。いつも椅子の上に背筋を伸ばして座ることになりますので、あまりくつろげません。

香り

部屋には、その人の臭いが染み込むことがあります。例えば、男臭いとか汗臭いとか。自分では気にならなくても、他人がその部屋に入ると、とても気になるものです。ですから、香りにも十分に気を遣いたいですね。

おわりに

これらの方法で、友達や彼女を部屋に招いた時に「なんか、落ち着くなぁ」と言われるような部屋になるといいですね。ぜひ試してみて下さいね!

(image by amanaimages 1 2 3)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130304095753 5133f19197c69
  • 2f8dc6de 173e 4af9 a9c1 66495878b03b
  • 03c51f7f f8e1 4acf 9c94 9109e49a9490

本記事は、2011年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る