生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 難聴の方と上手にコミュニケーションを取るコツ

難聴の方と上手にコミュニケーションを取るコツ

2011年02月04日作成

 views

お気に入り

はじめに

年齢を問わず、自分の友人の中に難聴の方がいるという方はきっと多いのではないでしょうか。自分の言いたいことが伝わらなかったり相手の気持ちが分かりにくかったりしてもどかしく感じることもあるでしょう。

上手にコミュニケーションを取ることができればもっと親しくなることもできます。そこで今回はそのためのコツを具体的に挙げてみました。

難聴の方とスムーズに会話するコツ

話しかける前に視界に入る

話しかける前に、まず難聴の方の視界に入ってアイコンタクトを取ってから会話を始めるように心がけましょう。真横や真後ろにいる人の存在にも気付かないことがあるからです。

聴力に問題がなくても突然話しかけられたら驚くのと同じことです。突然身体に触ったり大きな声で話しかけたりすると、難聴の方はさらにびっくりしてしまうので不親切な行動だと言えるでしょう。

驚いてバランスを崩したりすると場所によっては思わぬ危険が生じる場合もありますので、まず自分の存在に気付いてもらってから話しかけることを覚えておきましょう。

メールを活用する

難聴の方がパソコンや携帯電話を持っておられる場合は、メールという強力なツールがあります。メールを使えばほとんど何の問題もなく普通の会話ができるでしょう。

難聴の方は言われたことが聞き取れないイライラを感じる必要がなく、あなたも自分の気持ちをそのまま伝えることができてお互い楽しくコミュニケーションを図ることができます。

絵文字などを上手に使って感情のこもったメールにするよう心がけましょう。またチャット機能を使えばそれまでの会話のやり取りも一目で分かるのでさらにスムーズに会話が弾むでしょう。

何人かで話す時

難聴の方と一対一で話す時は配慮しやすいのですが、他の人も一緒に何人かで話す場合は難聴の方が話の内容についていくことができず、寂しい思いをすることが多くなってしまいがちです。

それで何人かで話す時も必ず難聴の方に気を配って一人ポツンと取り残されていないか確認しましょう。その人に話題を振って話してもらったり、伝えたいことをもう一度その人だけに言ってあげると親切ですね。

おわりに

ほんの少しの気配りをするだけで難聴の方ともスムーズにコミュニケーションを取ることができる、という点を感じていただけたと思います。ぜひ役立ててみてくださいね。

本記事は、2011年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る