生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職面接の前にしておくこと

就職面接の前にしておくこと

2011年02月04日作成

 views

はじめに

就職面接のときは、緊張をして思ったことをうまく伝えられなかったりしますよね。そこで今回は、就職面接の前にしておくことを紹介します。これをしておくことで、いつもの面接よりもスムーズに面接に臨むことができるはずです。

就職面接の前にしておくこと

会社のことをきちんと調べておく

面接の前には、受ける会社のことをきちんと調べておきましょう。企業理念であったり、社長の経歴などを調べておく必要があります。

面接では、会社のことをあなたがちゃんと理解しているかどうかも試されます。また、企業のことだけでなく、その業界について理解をしている必要もあります。

エントリーシートを見直す

エントリーシートを送る前に、きちんとその会社に送るエントリーシートをコピーしておきましょう。面接が決まったときに、エントリーシートや履歴書の内容と面接のときの話す内容が異ならないようにするためです。

学歴や職歴だけでなく、自己PRや志望動機の欄などもきちんと見ておきましょう。

面接の日時や場所

面接が決まると、面接の日時や場所をきちんと把握しておく必要があります。知らない土地に行くことになれば、地図を用意する必要があります。

また、面接は時間厳守です。遅れて面接に行くことがないようにしましょう。また、遅れる際に必要な連絡先などもきちんと面接の前にメモしておき、かばんの中に入れておきましょう。

面接会場に入る前から面接ははじまっている

面接のときだけきちんと応答すればいいのではありません。面接会場に入る前から、きちんとした態度を取るようにします。

会社ですれ違った人に挨拶をきちんとしましょう。また、面接までの待合室などで携帯電話をいじったりする行為はしないようにしましょう。

面接をする駅に着いたら、ビシっとして面接に臨みましょう。どこで面接官があなたを見ているかわからないことを認識しておきましょう。

おわりに

これから就職面接を控えている学生さんは是非参考にしてみてください。面接の前にすることもたくさんあることを覚えておきましょう。

本記事は、2011年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る