生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就活生のための面接テクニック

就活生のための面接テクニック

2011年02月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

就職活動を控えた学生のために、面接のテクニックをご紹介します。就職活動中の学生が間違えやすいポイントはより多くの企業に応募すると思い込んでいることです。

しかし、それは間違いです。面接の準備に多くの時間を割いて、少ない応募でしっかり内定を勝ち取るように準備しましょう。

基本は身だしなみ

採用企業が面接をする理由は様々ですが、そのうちの1つに身だしなみを確認するという理由があります。

例えば営業職を募集している企業の場合、客先に自社の代表として営業が出向くことになります。

その営業の身だしなみが悪ければ、客先での自社の印象は悪くなってしまいますから、直接会って、身だしなみや話し方を確認したいのです。

面接前には身だしなみをしっかり確認してから行きましょう。身だしなみの整え方は就職サイトなどで紹介されています。

応募動機は明確に

面接で聞かれることはだいたい決まっています。自分の強みや弱みは何か、応募した理由は何かが大半を占めています。

間違った応募動機

多くの企業に応募すると1社1社に対する応募動機はあやふやになってしまいますよね。面接ではついついその場しのぎの応募動機を話してしまうなんてこともあります。

しかし、その場しのぎの応募動機やどの会社でも通用するような応募動機は意味がありません。何百人もの学生を見ている採用担当者はすぐに見抜けてしまいます。ではどうすればいいでしょうか?

企業研究をする

自分らしい応募動機を話せるようにするためには、どうすればいいでしょうか?それは応募した企業について勉強するということです。

まず始めになぜその企業に応募しようと思ったのかを考えましょう。
単純に名前を聞いたことがあるからという理由でもいいでしょう。それを面接で採用担当者に伝えても問題ありません。

しかし、大切なのはここからです。名前を聞いたことがあるのはなぜなのか?という点を調べてみてはどうでしょうか?

学生のあなたでさえも知っている企業ですから、何かあなたを引きつける魅力があるのかもしれません。その魅力は何か、他社と比べてその魅力がどのようにいいのかをまとめてみましょう。これが応募動機になるのです。

面接で応募動機をしっかり伝えるためには、採用企業を研究することが大切です。

業界、職種を研究する

もし、応募動機がまとまらないのであれば業界や職種について研究してみてはどうでしょうか。

応募した企業がどのような業界に属しているのか、どのような職種があるのかを調べてみましょう。その中に興味、感心があればそれをまとめてみましょう。

面接の際には、業界や職種に関する興味や感心を説明しながら、その中に属する応募企業について応募動機を説明するとわかりやすいでしょう。

おわりに

就活生のための面接テクニックはいかがでしたか?面接の合否は面接の前に決まっているということが分かりましたね。

応募に時間をかける前にしっかり準備を整えて、効率のよい就職活動をしましょう。

本記事は、2011年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る