生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動の面接で焦らないよう事前に確認すること3選

就職活動の面接で焦らないよう事前に確認すること3選

2012年08月20日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職活動が進めば、企業の人事部の人と面接をする段階に行くと思います。この面接の出来次第で内定がもらえるかに大きく影響するでしょう。

面接で聞かれる内容は企業ごとに特徴がありますが、どんな質問が来ても焦らずスムーズに答えることが好印象を与えるコツです。

しかしそんなうまく答える自信がないという人もいるでしょう。今回はそんな人のために面接前に確認しておきたいことを紹介します。

確認するべきこと

企業の求める人物像

就職活動をするにあたって必ず企業の採用募集要項に目を通すとは思います。そしてその中には必ず企業の求める人物像が記載されています。

面接前にはこの人物像を再確認しておきましょう。そして面接中はその人物像に近づけるよう意識してください。

そうすることで何を聞かれてもその人物像に沿った応対ができ、面接官に好印象を与えることができます。

志望理由

どの企業の面接でも必ず聞かれるであろう質問です。「なぜ当社を希望するのですか?」と聞かれた際は、焦ることなく答えられるよう事前に再確認しておきましょう。

この志望理由というのは、面接の出来を左右する大事な部分です。ありきたりな内容にならないよう、個性を出したものを考えておきましょう。

そして実際に話す時は暗記したことを話すというイメージではなく、あくまでも自分の言葉で話すようにしましょう。その方が熱意も伝わります。

その企業で何がしたいのか

入社できたら自分は何がしたいのか…就職活動において一番重要なことです。自分の考えをしっかり持っておきましょう。

そして面接ではその気持ちを一生懸命アピールしてください。作られたマニュアル通りの応対よりも、その熱意を伝えることの方が大切です。

自分のやりたいことと企業の求める人物像が合えば、双方にとって利になるわけですから面接官の印象はいいはずです。

おわりに

いかがでしょうか。面接ではこういったことを事前に再確認しておけば、どんな質問にも柔軟に対応できます。

この記事を参考にして、自分のアピールポイントや企業の要求を把握しておきましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110204005228

本記事は、2012年08月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る