生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動に役立つ!エントリーシートを書く時に注意すること

就職活動に役立つ!エントリーシートを書く時に注意すること

2011年02月04日作成

 views

就職活動の始めのほうで、就活中の学生がまず当たる大きな壁はエントリーシートの記入だと思います。エントリーシートは、大切な書類選考の資料になるので、できるだけ自分を売り込みたいものです。

今回は、エントリーシートを書く時に注意することを紹介します。

目次

自己PRをするときには

自分の長所や強みをアピールするのはもちろん大切ですし、必ず書かないといけません。しかし、この時に気をつけることがあります。

自己PRでの自分の長所や強みをアピールするエピソードの中で、又は他の質問の答えの一部でもかまわないので、必ずチームで活動をして、成果をあげたエピソードを入れるようにしてください。

今の企業は、個人のポテンシャルが高い人を選びたいのはもちろんですが、チームプレーができる人材も求めているので、さりげなくその点もアピールするようにしましょう。

資格の欄について

資格をいくつか持っているときに、その資格を取った年代順に書いてしまってはいませんか。これでは、せっかく取った資格を流して読まれてしまうことがあります。

これという、人にアピールできる資格を持っているときは、それは一番上に書きます。車の普通免許などは一番最後に書くようにしてください。

エントリーシートは必ずコピーをとっておくこと

これはとても重要なことです。エントリーシートは必ずコピーを取っておいて、書類選考を突破して、面接に行くときには、必ず行きの電車などの中で、もう一度読み返すようにします。

エントリーシートを読んだ面接官は、志望動機や自己PRなどの決まった質問以外に、エントリーシートの中から気になったことをいくつか質問してくることが多いです。

あらかじめ質問されそうなことを想定して、答えも準備しておくようにしましょう。エントリーシートに面接で聞いてほしいことをあらかじめ書いておいてもいいです。

おわりに

いかがでしょうか。あらかじめ知っていれば、準備できることも多いです。エントリーシートにしっかり記入し、まずは書類選考を突破しましょう。

本記事は、2011年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る