\ フォローしてね /

司法書士の基礎知識

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

最近資格取得をしようと思っている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、司法書士の基礎知識を紹介します。司法書士について知らない人は是非チェックしてみましょう。

司法書士の基礎知識

司法書士とは?

司法書士とは、簡単に言えば、法律事務の専門家です。例えば、不動産の所有者や会社の代表者が変わったときに、法務局に提出する書類の作成を行ったり、その申請代理を行う業務があります。

また、弁護士より気軽に相談できる「身近な法律家」として、相続や借金問題などの相談に乗る業務をする人のことです。

登記の業務は企業などからの依頼も多いため、独立をすることも可能ですし、高収入も期待できます。

一般企業の法務部門においても需要が高いので、転職のときにも役立つ資格です。

倍率は?

司法書士は、国家試験ということもあり、だいたい3%弱程度の合格率で推移している最難関試験です。

試験範囲が膨大ということもあり、1年だけ勉強して受けでも受かる人はほとんどいません。合格するまでに多くの勉強時間を要する試験ですし、問題自体が難しいので、倍率がとても低くなっています。

勉強方法は?

司法書士は、法学部出身の方が確かに有利ですが、そのほかの人でも合格できない資格ではありません。

勉強方法は、予備校に通ったり、通信教育を受けたりする方法があります。短期間で合格するには、予備校に通ったほうが無難です。司法書士に合格する人は、だいたい2~3年間勉強をして合格しています。

司法書士の試験科目は11科目です。1次試験は、憲法、民法、刑法、商法です。

2次試験になると、不動産登記法、商業登記法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、司法書士法が出題されます。また、書式の問題が、不動産登記と商業登記の2問でます。

おわり

今回紹介した司法書士の基礎知識で、少しは司法書士について知ることができたのではないでしょうか?これから資格取得を考えている人は是非参考にしてみてください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。