生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. カラオケで上手にタンバリンを使って盛り上げるコツ

カラオケで上手にタンバリンを使って盛り上げるコツ

2011年02月03日作成

 views

はじめに

家族や気の合う友人たちと行くカラオケは本当に楽しいひと時ですね。上手にタンバリンを使うことができれば、場はますます盛り上がることでしょう。

そこでこの記事では、カラオケで上手にタンバリンを使ってその場の雰囲気を大いに盛り上げるコツをご紹介します。

カラオケで使える上手なタンバリンの方法

にぎやかに盛り上がる曲で使う

まず押さえておきたい基本的なポイントとして、どんな曲でもタンバリンを使えば盛り上がるというわけではないことを覚えておきましょう。例えばしっとりしたバラードなどはあまり向いていません。

それでノリがよくリズミカルな曲やはじけられる曲、その場にいる全員が歌えるようなにぎやかな曲を選びましょう。このタイプの曲でタンバリンを使うと、さらに楽しい雰囲気が増すのでおすすめです。

音量を調節する

常に同じ大きさの音やリズムで鳴らすだけではあまり面白くありませんし、変化がないので盛り上がりにくくなるかもしれません。

一つのパターンとして、サビの部分では少し大きめの音が出るように叩き、それ以外の部分は抑えめにしたり鳴らす回数を少し減らしたりしてみるとよいでしょう。

そうするとメリハリが付くので、歌っている本人も周りで聞いている人たちも曲の流れに合わせて盛り上がりやすくなります。

歌声の邪魔にならないようにする

タンバリンの音とリズムを加えて盛り上げるのは良いことですが、絶対に歌っている人の声をかき消したり聞こえにくくしたりしてしまうほどの強さで鳴らさないように十分気をつけてください。

歌っている本人が面白くないのはもちろん、周りで聞いている人も「タンバリンが目立ち過ぎ」と冷めてしまう可能性があります。あくまでも主役は歌声ですので、音量には注意しましょう。

おわりに

たとえてみるとタンバリンは料理に使う香辛料・スパイスのような存在です。上手に控え目に使えば歌の良さを引き立てたり弱点をカバーしたりできるでしょう。ぜひこれらのコツを試してみてくださいね。

本記事は、2011年02月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る