生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 同居する親に喜ばれる親孝行の方法

同居する親に喜ばれる親孝行の方法

2013年02月05日更新

 views

お気に入り

はじめに

親に感謝の気持ちを伝えるのはハードル高いですよね。感謝はしていても、恥ずかしくて具体的に何かしたりは出来なかったりするものです。

そこで、恥ずかしがらずに出来ることで同居する親に喜ばれる親孝行の方法をいくつかあげてみました。

簡単なプレゼント

改めてプレゼントするのも恥ずかしいものです。日常を共にしている親へなら、ちょっとした簡単なプレゼントして、日用品や食料品を買ってきて渡すのも良いです。

同居していても、一緒に夕食を食べる機会も減っていると思いますから、そんな機会を利用して、少し値の張る食材を差し入れると良いです。

両親の好物を買ってきて一緒にご飯を食べる、なんて簡単なことです。簡単にできることは、回数を増やす方向で実行してみましょう。

日用品をプレゼントするときには、少々気遣いを要します。母親や父親が日常的に不便に思っているような所を補うような物を見つける所から始めましょう。

これがあったら便利だろう、と、思うような物を発見したら、それを買ってきてプレゼントします。それが洗濯バサミのような日用品でもかまいません。プレゼントしてあげましょう。

◎◎くらい買えばいいのにー。

と、言葉で突っ込むだけでなく、実際に用意しましょう。それで気持ちは伝わるはずです。

周りから攻める

親に直接、何かするのではなく、周りへの気配りなど行動を起こすことで親孝行になります。

墓参りなどが良い例です。両親を墓参りに連れて行くのは、日常的なことではありますが、十分親孝行になります。

この場合、連れて行く、の部分がポイントとなります。両親に連れて行かれるのでは、同じ墓参りでも意味が違います。積極性をもちましょう。

両親の実家だったり、両親の兄弟など親戚への対応なども親孝行に繋がります。冠婚葬祭など、両親の代理とまではいかなくても、同行するだけでも違います。

両親に関係する周囲の方々への気配りで親孝行してみましょう。

おわりに

日常を共にしていますから、色々と行動してみても親から何も言われない場合もあると思います。

親の反応が薄いからと怒ってはいけません。

それはお互い様のことです。何も言われなくても理解してくれているはずです。

◎◎も大人になったな。

と、思ってもらえれば、十分親孝行ですよ。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110203171426

本記事は、2013年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る