\ フォローしてね /

超簡単な新感覚「ラー油おつまみ」レシピ

はじめに

最近話題の「食べるラー油」。そのシンプルだけれど奥深いおいしさにハマっている人も多いと思います。

でも、インパクトのある味だけに、食べ続けると飽きてしまうことも。冷蔵庫の中には使い終わらず残ってしまったビンが入ったまま、という人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、「食べるラー油」をアレンジして、普段あまり料理をしない男性でも簡単においしくつくれる「ラー油おつまみ」を紹介します。

レベルに合わせてつくれる3つのレシピ

簡単レベルA:ラーチーズ

チーズとラー油。意外な組み合わせと思いつつ、チーズの濃厚な味と組み合わせると、ほどよく味が引き締まりおいしく食べることが可能。チーズの種類は基本的にはなんでも構いませんが、カマンベールなど風味が強めのものがおすすめです。

1.チーズを、油をひいたフライパンで焼色が付くまで焼きます。

2.焼いたチーズをお皿にのせて、その上に「ラー油」をかければできあがりです。

簡単レベルB:ポテサラー油

その名の通り、ポテトサラダとラー油をあわせたメニュー。ポテトサラダ好きが多い男性たちには、たまらないはずです。

1.じゃがいもを茹でて、やわらかくなったらボウルに入れて食感が残る程度につぶします。

2.そこに、スライスしたタマネギ、ピーマンなど好きな具材を投入。

3.最後に、マヨネーズ、お酢、そしてラー油を入れてなじませれば完成です。

簡単レベルC:鶏肉の「コーラー油」煮込み

コーラ、ラー油といった「甘い」と「辛い」の絶妙コンビネーションを楽しめる簡単煮込みメニューです。ビールはもちろん、日本酒などとも相性抜群。ご飯のお供にもぴったりです。

1.鍋に水を入れお湯が沸いてきたら、コーラ1本、市販の顆粒ダシを入れます。

2.そこに鶏肉(手羽元など骨付き肉がおすすめです)を入れて、1時間ほど煮込みます。

3.最後にラー油、しょう油を入れてひと煮立ちさせたら完成です。

おわりに

そのままでも十分おいしい「食べるラー油」ですから、味つけに手こずる心配もなく、手軽につくることができます。ぜひお試しを!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。