生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. エントリーシートを書く時に気をつけること

エントリーシートを書く時に気をつけること

2011年02月03日作成

 views

お気に入り

はじめに

エントリーシートは就職活動では何十回と書くことになるものです。エントリーシートは面接に繋がる重要なものです。

そこで今回は、エントリーシートを書く時に気をつけることを紹介します。学生のみなさんは是非チェックしてみてください。

エントリーシートを書く時に気をつけるこ

自分をよく見つめておく

エントリーシートを書く前に、必ず自分自身のことを見つめなおしてみましょう。自分が学生時代にしてきたこと、短所や長所などを紙に書いてみましょう。

いきなりエントリーシートを書くのではなく、ある程度自分のことをまとめておきましょう。エントリーシートには、志望動機だけでなく、自分が学生時代に頑張ったことやアピールポイントなどを書く必要があります。

頭の中で考えたものをいきなりエントリーシートに書くと、まとまっていなかったり、相手が見たときにわかりずらかったりします。そこであらかじめ内容をまとめておきましょう。

エントリーシートを書く前に、自分のアピールポイントや志望動機を書いた紙を学校の先生や、就職している友達などに見てもらい、チェックしてもらいましょう。

チェックしてもらった後で、正式にエントリーシートに記入をし、応募しましょう。

字を練習しておく

エントリーシートは手書きで書くことがほとんどです。そのため、字の綺麗さも重要になります。

相手に見せる書類なので、綺麗に書くことが大前提になります。クセのある字の人は、就職活動の前に字を直しておきましょう。

最近では本屋で綺麗な字を書くための練習本が売っているので、それで綺麗な字を習得してみましょう。

いくら学歴があっても、字が汚いと、採用する側は、エントリーシートを見るのが嫌になります。せっかく自分をアピールすることができるエントリーシートなので、字を綺麗に書いて、相手にじっくり見てもらうようにしましょう。

ボールペン字書き込み練習帳―美しい楷書を書くコツが身につく!
書き込み式 ボールペン字の練習帳

おわりに

エントリーシートは就職活動の第一歩です。今回紹介した気をつけることを参考にして、エントリーシートを書いてみましょう。是非内定をゲットしてください。

本記事は、2011年02月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る