生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. [確定申告]e-Taxで確定申告をするコツ(準備編)

[確定申告]e-Taxで確定申告をするコツ(準備編)

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

確定申告をする場合、かつては紙での申告が一般的でした。しかし、最近ではパソコンを使ったe-Taxを使う事もでき、自宅で申告をすることもできるようになりました。

では、自宅で確定申告をする時に必要物、メリット・デメリットをご紹介していきましょう。

必要なものを準備しよう

では、確定申告を自宅で始めるには、いったい何が必要なのでしょうか?ここで紹介しておきましょう。

必要な物リスト

  • 住民基本台帳カード(住基カード)

各市町村役場で発行してもらえます。公的証明書、身分証明書としても活用できるので、写真付きで作成することをお勧めします。

また、電子証明書内容については、別途依頼を行わないと登録してくれない事もありますので、申請する際に登録してもらう様にしましょう。

  • IC対応カードリーダライタ

パソコンで申請を行うには、リーダライタが必要です。お勧めは接触・非接触型共用のものが、カードの種類を選ばないので便利です。

リーダライタがないと、住基カード内の情報を読み込めませんので、必ず住基カード対応型のものを選びましょう。

  • インターネット環境接続下にあるパソコン

上記3点を準備しましたら、こちらe-Taxから作業を始められます。

e-Taxでのメリット・デメリット

メリット

e-Taxで申請をすると、5,000円の控除が受けられます。e-Taxを選択するだけですので、これはお得ですよね。

また、医療費の領収書や源泉徴収票などは、記載内容を入力し、送信するれば、提出・提示を省略することができます。

※確定申告の期限日から3年間は、税務署から提出又は提示を求められる場合もあります。

デメリット

確かに、自宅でできるので出向く必要がありませんから、非常に便利ではありますが、分からない部分を確認する機会が少ないとうい事があります。

ですので、下書き用として税務署に申告書を取りに行き、e-Taxで本番申請を行うようにするなど、工夫が必要になります。

おわりに

自宅だけでなく、税務署の中にもe-Tax専用の申告ブースができている税務署もあります。ですので、そういう所を利用し、係の人に聞きながらやってみるというのも、方法の一つですよ。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110203100046

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る