\ フォローしてね /

セーターの引っかかりを簡単に直す方法

このライフレシピのもくじたたむ

ぶつかった拍子に何かに引っかけてしまったり、飼い猫のつめが引っかかったりして、セーターがループ状に飛び出てしまうことがあります。

放っておくとその部分をさらに引っ掛けたりして、収集がつかなくなってしまいがち。

軽い引っ掛かりなら道具なしでも直すことができます。さっと直して事態の悪化を防ぎましょう。

裁縫の魅力にハマっ人はこちらもチェック!
いろいろなものを作ろう!裁縫のやり方まとめ

やり方

STEP1

引っかかりの裏側に指を入れ、指を押し出すようにして引っかかりとその周辺の布地を伸ばします。ループ状にでている部分が少し小さくなります。

デリケートな布地の場合はやさしく押してください。

STEP2

表側から、引っかかりの周囲の布地を横方向に引っ張ります。

STEP3

2と同様にして、周囲の布地を縦方向に引っ張ります。

STEP4

1から3を繰り返すと、ループが引っ込んで見えなくなります。

おわりに

ループ状に飛び出してしまうのは、周りの部分から糸を余分に引っ張っているせいです。引っかかりの周囲の布地を伸ばしてあげることで、ループの部分にかたよっている糸を均等にならします。

何かに引っかけてしまったセーターでも、一手間かけて直して長く大切に着たいですね。
(Photo by author)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。