生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ピンクを着る勇気がない!シャイな男性のための着こなしアイディア

ピンクを着る勇気がない!シャイな男性のための着こなしアイディア

2011年02月02日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ピンクは女性の色だと思っている男性は、まだまだ存在します。しかしながら、一口にピンクと言っても、ベビーピンク、ローズピンク、ショッキングピンクなど、様々な濃淡、色味のピンクが存在します。

着こなしによっては、ソフトで甘い印象を与えてくれる便利な色でもあります。
ここでは、誰にでも受け入れやすいスタイルをご紹介しましょう。

ナチュラル度NO1!ベビーピンクのボタンダウンシャツ

ベビーピンクのボタンダウンシャツなら、それほど抵抗ないのではないでしょうか。一般的なアイテムなので最初に挑戦するものとしては最適です。

肝心なのはベビーピンクを選ぶことです。メンズシャツによく使われている色を選ぶことで、周囲に無理なく溶け込めます。それでいて、ホワイトやブルーなどの色にはないソフトな雰囲気を与えてれます。

このタイプのシャツは、裾をパンツの中に入れることを想定して作られている、着丈の長いタイプと、出して着ることを想定した、着丈が短いタイプとがあります。貴方はどちらを選びたいか、あらかじめ考えておきましょう。

上に合わせるものですが、ジャケット、セーター、カーディガンなど色々なケースがあると思います。セーター、カーディガンを合わせる場合は、グレーやネイビーを合わせるとシックな印象に、ブラックならキリッとした印象です。ベーシックカラーを選ぶことで、一層ベビーピンクの持つソフトで甘い印象が引き立ちます。

色々なメーカーで試着して、納得のいくサイズを選びましょう。量販店のシャツでもよいのです。肝心なのは、貴方の体型にあったものを見付けることです。

派手めピンクを試したいときは セーターやカーディガンで

ローズピンクなど、濃い目のピンクを着たいときは、セーターや、カーディガンから試してみることをおすすめします。

赤やピンクなどの原色のセーターやカーディガンは、男性でも着ることが比較的多いので、違和感が少ないというのが、オススメする理由です。

合わせるアイテムですが、コットン素材のホワイトのシャツロングスリーブTシャツは、いかがでしょうか。色味をセーターやカーディガンのピンクだけにすることで、ピンク色が最大限に生かされます。

この場合も、まずは丸首やVネックのベーシックなタイプを選びましょう。そしてシャツの場合と同様、あれこれ試着することで、次第に自分に似合う色味、サイズがわかってきます。

おわりに

いかがでしたか。ご紹介した例は、ごく基本的な着こなしです。ここでは、ピンクを着た貴方が引き立つ着こなしを考えてみました。貴方の着たピンクが引き立っては意味がないのです。

必ず、シャツ、セーター、カーディガンに合わせる、パンツとのバランスに、気を配ってください。まずは、全身鏡で全体のバランスをチェック、コーディネートの基本中の基本です。

着こなし方が、ピンとこない人は、雑誌、ファッションサイト、街中などで、素敵な男性のシャツやセーターなどのバランスを観察してみましょう。最初は、自分がいいなぁ、と思う着こなしをしている友人、センスのよい女性に選んでもらうのもよい考えですね。

本記事は、2011年02月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る