生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 捨てられないものNo.1! 衣類の「断捨離」ができる方法

捨てられないものNo.1! 衣類の「断捨離」ができる方法

2011年02月02日作成

 views

お気に入り

なかなか衣類を手放せない理由は「愛着」か「執着」があるから。

「愛着」のあるものは、手放す必要はありませんが、その衣類を持つ理由が、「高かったから」「ブランド物だから」「新品だから」などであれば、それは「執着」です。

自分自身、「断捨離」を望み、片づけに関する本を読破した筆者が発見した、「執着」で持っている衣類を見極めて手放す「断捨離のコツ」を紹介します。

新感覚!「つもり断捨離」!!

「寄付したつもり!」になる

衣類を減らしたい場合、捨てる以外の方法の一つが「寄付」。

海外に向けて、衣類を贈るというものが多くありますが、受け付ける衣類の内容に様々な制約があり、基本的に海外への送料(平均、一箱1500円程度)は自己負担。衣類を手放す為にお金がかかるのです。

だったら「寄付するつもり」で、着ない衣類を何でもダンボールに詰めて、燃えるゴミの日に出してしまいましょう。結果的に自分の手元を離れるのは同じことです。

「500円で売ったつもり!」になる

中古衣類。いくらで売っていたら買いますか?筆者の場合は高くても500円です。まずは、自分なりの「買う基準価格」を設定します。今回は、便宜上、筆者の価格で書かせていただきます。

では、収納したままの衣類を「500円で買ってくれる人」がいたとしたら、どうしますか?「売ってもいい」と思えるものは、すでに愛着のない衣類。手放すことができるはずです。

さて、その衣類をリサイクルショップに持ち込んだと仮定します。買い取り価格は売値の「10分の1以下」が相場。つまり、自分が販売価格500円と査定した衣類なら50円以下の買い取り価格となります。

リサイクルショップに持ち込む労力と交通費がかけられますか?もし「NO」なら、売ったつもりで燃えるゴミの日に出しましょう。

「片づけのプロに頼んだつもり!」になる

片づけや収納をアドバイスする業者を頼むと、1万5000円~数万円程度かかるのが相場。もし、自力で「断捨離」するなら、その費用は浮きます。「片づけのプロに頼んだつもり」で捨ててみましょう。

方法は、リサイクルショップで売ってもいい衣類を選び、「買って欲しい価格」(納得して手放せる価格)を自己査定します。あとは自己査定した衣類を業者に支払う金額分「ゴミ袋」に入れます。

例えば、業者への支払い価格が1万5000円なら、査定価格合計が1万5000円になる分の衣類を選びます。あとは、そのまま燃えるゴミの日に出すだけ。

業者に依頼して仕分けた衣類をリサイクルショップで買い取りしてもらい、その売値を「業者に支払った」と思えば、気分も悪くないはずです。

おわりに

以上、基本的に「捨てる」ことを前提に「断捨離」方法を紹介しましたが余力があれば「寄付」や「リサイクルショップ」を利用しても良いと思います。

手放すために費用がかかる場合は、断捨離に協力してもらった手数料と考えれば、決して惜しくないはずです。「断捨離」で快適な毎日を過ごしたいですね!

本記事は、2011年02月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る