生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ワインをちょっと知ったかぶりできる5つの名前

ワインをちょっと知ったかぶりできる5つの名前

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ワイン・・・それはいかにも、かっこいい大人を象徴するかのような飲み物。

銘柄、香り、年代、コルク・・・追及すればするほど奥深いワインの世界。

ソムリエという職業があるくらいですからね。

そんなワインについて、ちょっと語れたらカッコ良くないですか?

そこで今回は、奥が深くてどこから導入していったらいいのかわからない!でもこれだけでも知ってたらかっこいいぞ!

「ちょっとワインに詳しい人、と思われる豆知識」について書きたいと思います。

5大シャトー

ワインに興味の無い人もお酒を飲む年代にもなれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
この「5大シャトー」。ワイン好きにとっては死ぬまでに一度は飲んでみたいと思わせるほどの羨望のワインなのです。

5大シャトーの種類

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Chateau Lafite Rothschild)

シャトー・ラトゥール(Chateau Latour)

シャトー・マルゴー(Chateau Margaux)

シャトー・オー・ブリオン(Chateau Haut Brion)

シャトー・ムートン・ロートシルト(Chateau Mouton Rothschild)

この5つがあります。

5大シャトーの由来

では何故5大シャトーと呼ばれるようになったのか。

実はこのシャトー、はじめは4つしかなかったんです!

始まりは1855年のフランス万博。フランス文化の象徴であるワインに格付けをしたのがきっかけでした。

その時に1級と認められたものが4大シャトーと言われ、以後18年間は4大社シャトーと言われていました。
しかし、1973年ムートンが1級に昇格し、現在の5大シャトー、となったわけです。

名前の覚え方

  • ラフィット・ロートシルト

ラフィット・ロートシルトはラフィットがラビットと似ているな~と思い、ロートシルトはロートはあの目薬を想像しつつ、シルトはソルト(塩)が訛っちゃったと思いながら、「ラフィット・ロートシルト」

  • マルゴー

マルゴーはフランスの作家「アンドレ・マルロー」がマンゴーを食べている姿を想像しながら「マルゴー」

  • オー・ブリオン

オー・ブリオンは「オー」は感嘆詞として、ブリオンは狂牛病で有名になった「プリオン病」と合わせながら「オー!プリオン。いや、ブリオン」

  • ムートン・ロートシルト

ムートン・ロートシルトはラフィット→ラビット→(動物)→ムートン(動物)!「ムートン・ロートシルト」

と思いながら何度か唱えれば完璧に覚えられるでしょう!

おわりに

いかがでしたか?ちょっぴりワインに近づいた感じがしますね。

5大シャトーの由来なんてそんなウンチク、とりあえずは知らなくていいんです!
知っていれば、もっとカッコ良さは増しますけどね♪

とりあえずは種類!これだけ覚えておけばワインを全く知らない相手が感心するのは勿論、ワイン好きの相手の方とも少し話ができるのです!

ぜひ覚えてみてください♪

この記事で使われている画像一覧

  • 20100414162655
  • 20100414163311
  • 20100414162957
  • 20100414163654
  • 20100414163909
  • 20100414162848

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る