生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 携帯電話のセルフショットで小顔に見せるコツ

携帯電話のセルフショットで小顔に見せるコツ

2011年02月01日作成

 views

はじめに

携帯電話でセルフショットを撮るのはなかなか難しいものです。内側にカメラが付いていて確認しながら撮っても上手くいかず、顔が大きく見えてしまって何回も撮り直しになってしまいます。

そこで今回は携帯電話でセルフショットを撮る時に少しでも小顔になる方法をご紹介します。小顔に見えれば、より可愛らしい印象になりますよ。

携帯電話で自分撮りする時に小顔に見せるコツ

真正面からのショットはNG

真正面から撮ろうとすると自分で思っているよりもレンズの位置が低くなってしまい、下から写すことになって顔が大きく見えてしまう場合がありますので要注意です。

正面からのショットが撮りやすく感じますが、普通に写真に写るのとは全く違う点として携帯電話の画面に注目するので、視線や表情が不自然になってしまうことも多々あります。

横顔・斜め上からのショット

おすすめの角度は横顔や斜め上からのショットです。斜めから撮るだけで顔の輪郭が全く違って写ります。画面で確認することが難しいことが難点です。

でも正面から撮る時よりもあごや鼻のラインがはっきり出るので、丸顔の方でも顔全体がスッキリ見えるという効果があります。

「視線や表情が難しいのでは?」と思われるかもしれませんが、意外と自然な表情で撮ることができます。上目遣いになって思ったより可愛く写る場合もあるのでおすすめです。

顔のラインを隠す

髪の毛や小物を上手に使って顔の輪郭やラインを隠すようにして撮ると小顔効果がアップします。髪の毛を耳にかけてしまうと長さにかかわりなく顔の輪郭がはっきり出るので気をつけましょう。

使える小物として、例えばニット帽やファー素材のベレー帽などをかぶると写真を見た時の第一印象が帽子に行きますし、帽子のボリュームで顔の大きさが小さく見える場合もあります。

室内で撮るときでも帽子をかぶって撮ってみると、そのまま写すのとはかなり雰囲気や印象が変わるのでぜひ試してみてください。

おわりに

携帯電話で上手にセルフショットを撮ることができると、いつもの自分とはだいぶ違う印象になることがあります。ぜひこの記事を参考になさってみてくださいね。

本記事は、2011年02月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る