生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. エレベーターの正しい乗り方&マナー

エレベーターの正しい乗り方&マナー

2011年02月01日作成

 views

お気に入り

はじめに

日常エレベーターを利用される方も多いと思いますが、正しい乗り方&マナーはご存知ですか?

エレベーターは、知らない人と乗り合わせるから別にマナーなんて…と思わず、周りの人に不快感を与えずお互い気持ちよく乗るために、きちんとエレベーターの正しい乗り方&マナーを覚えておきましょう。

正しいエレベーターの乗り方

エレベーターは降りる人が最優先です

エレベーターに乗る時、ボタンを押して目の前でエレベーターのドアが開いたら、まず降りる人を優先します。降りる人を待たずにエレベーターに乗るのはマナー違反です。

誰もいないエレベーターに先に乗ったらボタン係

もし、エレベーターに乗る時に、誰も乗っていなくて自分が先に乗ったなら、ボタン係を率先して行いましょう。後から乗ってきた人に「何回ですか?」と声をかけて希望の階のボタンを押してあげましょう。

もし、自分が後から乗ったのなら、ボタンの近くに居る方に「すみません、○○階を押してもらっても良いですか?」とお願いして構いません。

目的の階に着いたら、ボタンを押してる人は一番最後に降りる

自分がボタンの近くに居て、目的の階に到着した時は、「開く」ボタンを押して自分以外の人を優先して降ろしてあげましょう。自分は最後に降ります。

もし、大勢の方が乗っていてなかなか降りれない状態の時は、周りの人に「すみません、降りますので・・・」と声をかけましょう。

先に自分が降りた場合は、後に降りる人の為に外側からドアが閉まらないように開くボタンを押したり、ドア部分(クッション部分)を手で押さえてあげると良いでしょう。

身体障害者や老人などが降りる時等は、特に周りの方が協力して降ろしてあげる様にしてくださいね。

おわりに

急いで乗ったりすると、ついついマナーを忘れがちになるエレベーターですが、見ず知らずの人が乗り合わせる特異な空間だからこそ、きちんとマナーを守り気持ちよく乗る事を心がけてくださいね。

本記事は、2011年02月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る