生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子供に楽しくお手伝いをしてもらう方法

子供に楽しくお手伝いをしてもらう方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

お手伝いとは、お父さん・お母さん、おじいちゃんやおばあちゃんのやっている事を、手助けするという事ですよね。お手伝いは「子供にできる仕事」と言っても間違いではありません。

しかし、子供は遊ぶことと、勉強することが仕事です。ですので、そんな子供が進んで自分から仕事をするようになるための、さまざまな方法が必要ですよね。

お手伝いした人から選んでいく

料理を作る時に、盛り付けであれが多い、これが少ないと子供たちからくクレームが出たことはありませんか?実はそれをお手伝いに上手に利用すれば、自分から進んでお手伝いをしてくれるようになります。

それは、明らかに量の違う盛り付けを作り、お手伝いをした順に食べたいお皿を取っていくという物です。そうすると、たくさん食べたい子供はお手伝いをします。

子供は、誰か一人がお手伝いを始めると、芋づる式にやろうかなと動き出すので、全員がお手伝いをした場合には、始めた順で選ばせてあげる様にしましょう。

雪かきのお手伝い

雪国では、毎年冬になると雪かきがあります。屋根の雪かき、駐車場の雪かき、庭の雪かきなど、ほとんど一日中雪かきをしている日もありますよね。ですが、そんな重労働は大人でもやりたくはありません。

ですが、雪国の宿命です。それを上手に手伝ってもらうには、一つ方法があります。雪かきの雪で壁を作り、雪かきが終わったら雪合戦ができるようにするのです。

もちろん、庭の雪は減りません。ですが、それを言っていては手伝ってはもらえませんので、とにかく遊ぶ場所を作ってあげる。これが一番の方法なのです。

おわりに

お手伝いは本当に面倒なものですよね。ですが、猫の手も借りたいくらい忙しい時には、本当に助かります。ですが、子供には子供の考えがあり、いかにお手伝いに興味を持たせるかが大切なのです。

お手伝いをしないからと、いつも怒ってばかりいては、お手伝いが嫌な物というイメージができてしまい、余計手伝わなくなります。そうならないよう、いつでも遊びの要素を取り入れてあげることが大切です。

ぜひ、お父さん、お母さんも楽しみながら、お手伝いをしてもらう工夫を考えてみてくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110201110816

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る