生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 散財しない心構えとその方法

散財しない心構えとその方法

2011年02月01日作成

 views

お気に入り

はじめに

不景気になり、貯金も毎月自由に使えるお小遣いもすっかり減ってしまいましたね。「節約!」と目標を掲げてみても、後輩につい奢ってしまったり、ストレス解消にショッピングをしたりとなかなか「散財」を防ぐことはできません。

誰だって、欲しい物を自由に買いたいし、おいしい物だって食べたいですよ。でも、入ってくるお金が限られているので、そこを我慢することも必要なんです。

そこで、今回は、「散財」しない心構えとその方法をご紹介します。

散財しない心構えとその方法

まず、「散財」を防ぐには、強い意志と工夫が必要です。努力なくして、財を残した人はいないのです。まずは、この心構えを強く心に刻みつけることが大切です。その上で以下のことを実践してみましょう。

お財布にクレジットカードや現金を余計に持ち歩かない

お金がなければ当然払えませんよね。ですから、1日に使える予算を決めて、それ以外の余計なお金は持ち歩かないことです。

また、飲み会や食事会などの、飲食にかかるお金は極力減らしていきたいものです。クレジットカードを持ち歩かないことも大切です。できれば解約し、支払いは全て現金にしてしまいましょう。

カード払いだと、大変便利ではありますが、現金が見えないので実際にいくら自分が支払ったのかが見えにくい、という難点があります。現金で支払うようにすると、支払うお金の重みをしっかりと実感できることでしょう。

ストレス解消に、少なくても週に2回は運動する

いくら強い意志で節約しようと思っても、ストレスが溜まってくるとどうしても、特に女性は散財してしまいがちです。そこで、日頃からストレスを溜めない工夫が大事です。

家計簿をつける

ついつい三日坊主になりがちな「家計簿」ですが、続けることができると、自分がどんな物にどのくらいの金額を費やしているかが分かります。データが必要なのです。ですから、ぜひ「家計簿」もつけてみましょう。

おわりに

毎日の小さな節約も、月や年単位でみると、驚くほど大きな金額になることを実感できるでしょう。ストレス解消の為の暴飲暴食やショッピングなどで「散財」しないようにしたいものです。

本記事は、2011年02月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る