生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 贈り物用のお花を失敗しないでオーダーする方法

贈り物用のお花を失敗しないでオーダーする方法

2011年02月01日作成

 views

お気に入り

はじめに

お花を贈る機会って意外と多いですよね。お見舞い用だったり、誕生日用だったり、サプライズ用だったり。

そんなときにセンスの悪いものになってしまったり、場違いなものになってしまったりしないための方法です。

お花屋さんに任せましょう

お花屋さんは数多くありますが、その中でも「フラワーアレンジメント」の資格を持っている店員さんがいるお店をあらかじめ見つけておきましょう。

やはり、お花のことはお花屋さんに任せることが、失敗しない秘訣です。そして注文をする際に以下のことを正確に伝えます。

受け取る人の年齢と性別

年齢と性別によって花を選んでくれます。同じ暖色系でも微妙な色使いでいいものに仕上げてくれます。

贈る用途

どのような贈り物かによって花を選んでアレンジしてくれます。母の日用だったり、誕生日用だったり、プロポーズ用だったり、退職用だったりとさまざまな用途がありますので、すべて同じではせっかくの贈り物として成り立ちませんから。

受け取る人が好きな花

受け取る人が好きな花を伝えておくと、その花も入れてアレンジを考えてくれるので、必ず伝えましょう。

予算

だいたいの予算を伝えましょう。予算内で使える花と使えない花が出てきます。そうするとお花屋さんがいろいろアイデアを出して感じのいいものに仕上げやすくなります。

どんな色を中心にしたいか

大まかに「暖色系」では、お花屋さんにイメージが伝わりにくいので、赤系・ピンク系・オレンジ系など具体的な色も伝えましょう。

おわりに

お花屋さんは配達だけでなく、メッセージカードをつけてくれたり、かわいくて小さいぬいぐるみをつけてくれる所もありますので、注文の際にどういった小道具をつけてくれるかを聞くことも忘れずに。(小道具は別料金だったりもしますので、確認してみましょう。)

失敗もしないし、他の人よりもいいものを贈れるのでしっかりお花屋さんにどんなものを贈りたいのかしっかり情報を伝えましょう。

本記事は、2011年02月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る