生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 超簡単!! 自然に睡眠周期を元に戻す・時差ボケをなおす方法

超簡単!! 自然に睡眠周期を元に戻す・時差ボケをなおす方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

寝る前の12~16時間の絶食をすること!

海外からの帰国後の時差ぼけや、3交替制のシフト勤務で睡眠周期が狂うと辛いですよね。

そんな時に簡単に睡眠周期を元に戻す方法を、ハーバードメディカルスクールが研究により発表しました。その方法は至って単純。寝る前の12~16時間の絶食だそうです。

前提

人間の身体は、日照時間によってリズムを管理しています。言わば『日照時計』とでもいうメカニズムを使って、我々は時間感覚を調整しているというわけです。

今回紹介する、睡眠周期の改善の仕方とは、『日照時計』の次に重要な『食物時計』を働かせて、睡眠をコントロールするという方法です。

『食物時計』は、

  • 『空腹時の興奮状態』
  • 『満腹時の平穏状態』

の2つのリズムで周期的に機能しています。

この『食物時計』をコントロールすることで、睡眠周期を新しいリズムにリセットします。

例1:超早起きしなければいけない場合

例えば、午前4時に起きなければならない場合、前日の午後12~16時の間に絶食をスタートします。そして、午前4時の起床まで何も食べないようにします。4時に起床した際に食事を摂ります。

そうすると、睡眠周期はリセットされます。

例2:時差ボケをなおしたい場合

もう一つ例としては、海外旅行など長距離移動をする際、例えば、東京からロサンジェルスに移動するとして、まず、ロスでの朝食の時間を調べます。そして、その朝食時間から遡った12~16時間の絶食を行います。

到着してすぐに朝食を食べるように、絶食を行うのです。そうすると、現地入りした時からリセットされた睡眠周期がスタートします。

おわりに

通常、新しいタイムゾーンに入った場合、何もしないで時間に適応しようと思うと、1週間掛かります。この『食物時計』を利用すれば、最短1日で睡眠周期を元に戻すことが可能のようです。

これは、ちょっとした身体の仕組みを利用したハックですね。旅行が頻繁な方、生活循環が不規則な方は是非、お試し下さい。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/02/07-357625.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120514160641 4fb0af0131f72

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る