生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 携帯で自分撮りの際、かわいく写るコツ

携帯で自分撮りの際、かわいく写るコツ

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

今は携帯電話にカメラは必ずといっていいほど搭載されるようになりました。中にはデジカメに負けない画素数を誇るものもあります。

そういった普及から携帯電話のカメラをデジカメ代わりに使っている人も多いようです。

そして最近は自分撮りをする人も増えました。これはインターネットが盛んになり、プロフィール写真などを掲載するためですね。

そしてどうせ写真を撮るなら少しでもかわいく撮りたいですよね。しかし自分撮りというのはなかなかうまく撮れないものです。

今回はそんな人のために、携帯電話の自分撮りでかわいく写る方法を紹介したいと思います。

写りをよくするコツ

照明にこだわる

写真を撮るのに照明というのはとても重要です。プロの撮影現場では必ず照明を使っていますよね。

光のあるなしでその人の写りのよさもかなり変わってきます。ですから本格的な照明は用意できないにしても、自然の光を取り入れるくらいの工夫はしましょう。

日の光が入った明るい部屋で自分撮りをしてみてください。蛍光灯の室内でただ撮るよりもかわいく撮れるはずです。

しかし逆光には注意しましょう。

角度を調節

人を撮る際はその角度も重要です。よく上から上目使いぎみに撮るとかわいく撮れるなんて言いますよね。

これは確かにその通りです。上から撮ることで顔全体がシャープな印象になります。

また正面から撮るのではなく、少し斜めからの角度を狙って撮ると立体感が出て写りがよくなります。

角度に気をつけるだけでかなりの違いがありますから実践してみましょう。

目は大きく開く

人の印象を大きく左右するのは目です。目は人の顔においてかなり重要な役割を果たしています。

ですから写真を撮る際は少し目を大きく開くことを意識してみてください。自然の大きさのままだと写真ではなんだか眠そうな印象になりがちです。

このとき眉は動かさないように注意してください。目だけを大きく開くことでかわいらしさを強調できます。

眉を動かさず目だけを開くのは意外と難しいです。鏡の前で練習しておきましょう。

おわりに

いかがでしょうか。上記のことを実践すれば普通に撮るよりはかわいく撮れると思います。

自分の第一印象を決める見た目ですから、この記事を参考にして少しでも好印象を与えられるようにがんばってください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110201102327

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る