生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 結婚した女性は読んでおくべき小説

結婚した女性は読んでおくべき小説

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚して、毎日の生活が始まると、なぜだか急にこんな風に思います。

「あれ? 私の人生、こんなのでいいの?」

幸せなはずなのに、なぜだか迷ってしまう。生き方につまづいてしまう。そんな時に読んでほしい5人の女性作家の小説を7本、おすすめします。

 結婚した女性におすすめの小説

『ベター・ハーフ』 唯川恵

バブル絶頂期に派手な結婚式を挙げた二人。だが、結婚生活はそんなに甘くはなかった。不倫・リストラ・親の介護・・・

あえて「幸せ」は描かれず、苦悩の中、それでも夫婦であり続ける二人が書かれています。

「思い描いていた結婚生活と違う」そんな感情が芽生えた時に、ぜひ読んでみてほしい一冊です。

『柔らかな頬』 桐野夏生

「私は子供を捨ててもいいと思ったことがある」そんな衝撃的な言葉から始まるミステリーです。

内容はミステリーなのですが、女として、母として、そして子供という存在を真剣に考えざるを得ない物語です。

すべての母親へ、そしてこれから母になろうとしている人に、読んでもらいたい作品です。

『女たちのジハード』 篠田節子

同じ会社で出会った、全くタイプの異なる女性5人の生きざまが書かれています。

自分はどのタイプ?と当てはめながら読むのも楽しく、頑張っていた若いころの自分を思い出すのも良し。

同じ女性として5人の生き方はどれも心地よく、すがすがしい気持ちになれる一冊です。

『RIKO シリーズ』 柴田よしき

『RIKO 女神の永遠』『聖母の深き淵』『月神の浅き夢』と続く、主人公 村上緑子 の刑事ものシリーズです。

作品はミステリーなのですが、主人公 村上緑子 が女であることに苦しみ、女を利用し、人を愛し、子供を産み、どんどん強くなっていきます。

かっこいい生き方をする女性にどっぷりハマりたい時にオススメです。

『東京タワー』 江國 香織

「恋はするものではなく 落ちるものだ」

現実にはありえそうにもない、年上の女性と少年の恋。タイプの違う2組のカップルの恋愛模様が書かれています。

甘美な世界に浸りたい時にぜひどうぞ。

おわりに

どの作品も、女性が強く、たくましく、美しく生きているものばかりです。

同じ女性として考えさせられることも多いかもしれませんが、励まされることもたくさんあると思います。

ぜひ、一度読んでみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110131174140

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る