生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 字を綺麗に見せる方法

字を綺麗に見せる方法

2011年02月01日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

冠婚葬祭やお手紙を書くときなど、『自分の字がもっと綺麗だったらなぁ・・』と思う瞬間は多くありますよね。

それでもお習字を今更始めるのは面倒だったり、なかなか自分のクセのある字は直そうと思っても直せるものではありません。

今回はちょっとした工夫で、誰でも字が綺麗に見せられるコツをご紹介したいと思います。即効性のある技ですので、是非皆様気軽にお試しくださいね。

ゆっくり落ち着いて書く

まず、綺麗な字を書くには、落ち着いた環境でゆっくりと文字を書くことが大切です。せわしない環境の中、急いで書いた文字は、どんなに字が上手な人でも綺麗には見えません。

まずは、ゆっくり丁寧に書くことを心がけて下さい。

『ながら書き』は止める

ついつい何かを書く時に『ながら書き』をしてしまうことってありませんか?

  • テレビを見ながら
  • 電話をしながら
  • 子供の世話をしながら
  • 会話をしながら
  • お菓子をつまみながら など、忙しいときにはついつい同時進行で何でも進めてしまいがちです。無意識でもこのようなことはありませんか?

出来れば書くことに集中できる環境を作りましょう。特に人に宛てて書く文章はこのような丁寧な作業が必要です。

どんなに忙しくても、書く時は集中して書くことを心がけて下さい。これだけで、だいぶ字は美しく見えるものですよ。

便箋などの罫線を活用しましょう

字を美しく見せるポイントに、字の配列があります。どんなに綺麗な文字でも、がちゃがちゃして文字列が綺麗に並んでいなければ、汚く見えてしまうもの。

文字列が斜めに傾いていたり、文字幅がバラバラだったりする文章になっていないでしょうか?

逆に言えば、文字の美しさに自信がない方でも、配列をしっかり綺麗に整えれば、それなりに美しく見えるものなのです。

便箋などは、線が入っているものを利用するのがお薦めです。最近では下敷きに線が入っている便箋などもありますので、上手に活用しましょう。

また、下書きが綺麗にできるようなら、薄く鉛筆でラインを書いておくのもよいでしょう。(あとで鉛筆のラインは綺麗に消しましょう。)

おわりに

いかがでしょうか?ちょっとした工夫と丁寧な作業で、同じ字でも随分綺麗に見えるものです。

機会があれば是非お試しくださいね。

本記事は、2011年02月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る