生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 結婚式に招かれた時の返事の書き方&マナー

結婚式に招かれた時の返事の書き方&マナー

2011年01月31日作成

 views

お気に入り

はじめに

社会人になると、結婚式に招待される事も多いですよね。もちろん仲の良い友達の結婚式に招待されれば、何とか都合つけて出席したいと思いますよね。でもやむをえず欠席しなければならない時もでてきます。

そこで、結婚式に招かれた時の出席・欠席の返事の書き方やマナーをご紹介します。

結婚式に招かれたら

招待状がきたら返事はなるべく早く書きます

結婚式や披露宴などの招待状には、通常は返信用のハガキが同封されていますので、招待状がきたら出席の場合は速やかに1週間以内には出すようにしましょう。

結婚式に出席出来ない場合

欠席する場合は1週間、間をおいてから出します。出席したいけど、どうしても都合がつかなかった・・・という気持ちが伝わるように、お詫びの言葉とお祝いの言葉を伝えるのが礼儀です。

お詫びの言葉を書き添えたり電話で伝える場合は、身内の不幸などと重なってるなどの縁起悪い事は言わないようにしましょう。

「残念ですが、やむをえない事情があって・・・」「あいにく他に用事がありますので・・・」と伝えましょう。

結婚式招待状の返事の書き方

必ず、黒のインクもしくは毛筆で書きましょう。グレーもしくはブルーは使わないようにしましょう。返事を電話で済ませようとするのもマナー違反です。

どうやって書いたら良いか詳しく書かれているホームページがありますので、ご参照ください。

  •  WJ結婚準備ナビ

結婚式招待状の返信ハガキや宛名の正しい書き方について

急に出席できなくなった場合

結婚式に出席する予定で、返事を出したのに急に欠席しなければならない事もあるかもしれません。そういう場合はわかった時点で連絡をしましょう。

もし、当日になっての欠席の場合は、必ず先方と披露宴会場に連絡を入れて、祝電でお祝いの気持ちを届けましょう。

おわりに

急に出席出来ない場合に勝手に代理を立てるのもマナー違反です。結婚式に招かれた場合は、当記事を参考にして失礼のない対応を心がけてくださいね。

本記事は、2011年01月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る