生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 恋が始まるメールテクニック

恋が始まるメールテクニック

2011年01月31日作成

 views

お気に入り

目次

恋が始まるメールテクニック

最近では、出会いの最初はメールから始まることも多いですね。今回は、デートまでこぎつけるためのメールテクニックをこっそりお教えします。

ポイント1: 相手の名前を入れる

メールの本文に、相手の名前をたくさん入れるようにしましょう。メール一回に、必ず一度は名前を入れましょう。

文の最初に名前を入れるようにすると、簡単です。例えば、

「~君、おはよう」
「~君に聞きたいことがあるんだけど…」
「~君、おやすみ。また明日ね」

などです。

心理学的に解明されているのですが、人は名前を呼ばれると、親近感がわいてくるものなのです。

ポイント2: 自分の名前を入れる

メールの本文に、たまには自分の名前を入れましょう。毎回入れてしまうとくどくなってしまう危険があるので、注意が必要です。

その日のメールの、最後になりそうな一通に入れるとよいでしょう。

「今日もメールできて嬉しかったよ。おやすみ。 ゆき」
「また明日も頑張ろうね、今日はこの辺で。 ゆきより」

少し甘えん坊な感じの女性を印象付けることができ、可愛くアピールできますよ。

ポイント3: 相手の興味のある内容を盛り込む

メールなどを通して、相手の興味のあることが分かれば、それを盛り込むようにしましょう。会話が弾み、たくさんメールが返ってくるはずです。

電化製品に詳しい彼なら、

「もうすぐパソコンを買い換えようと思っているんだけど、オススメなものってある?」

その後の返信に、

「良かったら一緒に見に行ってくれないかな」

などと、デートに誘うのもスムーズです。

ポイント4: 「?」は一通に一つだけにする

疑問符である「?」がたくさんあると、返事を急かされているように感じ、返信が億劫になる男性も多いようです。聞きたい内容は厳選し、気をつけるようにしましょう。 

おわりに

「恋しちゃったんだ~多分気付いてないでしょう~」メールで始まる恋を、指恋(ゆびこい)というそうです。

以上のポイントを気をつければ、楽しくメールをやりとりでき、デートまでこぎつけられるはずです。あなたの指恋が実ることを心から祈っています。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110131164640

本記事は、2011年01月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る