\ フォローしてね /

男性がイヤみなくピンクを着こなす方法

あなたは、洋服をコーディネートする時に、大切にしていることはなんですか?どんな着こなしが良いかわからなくて、いつも地味な色を選んでしまう。特に、ピンク色なんてイヤらしくてもってのほか、という男性も多いのではないでしょうか?

でも、ポイントさえつかめば、とってもおしゃれに見えるのです。そこで今回は、ピンクの上手な使い方を考えてみようと思います。

「ハズし」で使おう

あまりピンクを強調しすぎても、イヤらしくみえてしまうもの。まずは、ネクタイやスカーフなど、小物から取り入れてみるのが良いでしょう。また、インナーTシャツで「チラ見せ」するのもおすすめです。

さらにビジネスマン向けとして、ストライプやチェックなど、白地にピンクを用いたシャツなどもおすすめ。堅めの印象のスーツスタイルを、華やかに見せてくれるでしょう。

あえて派手に

「ハズし」をマスターしたら、今度はピンクを着こなしのメインに持ってきましょう。

この時、中途半端にしても面白みがないので、あえて派手めにいきましょう。ピンク色の生地に、水玉柄や花柄など、柄が描かれた派手なシャツなどの方が、意外と着こなしやすかったりします。

その際のポイントとして、カジュアルなコーディネートをするように心がけましょう。ドレッシーになってしまうと、どうしてもイヤらしくなってしまいがちです。

Tシャツやアロハシャツなど、カジュアルなアイテムでピンクを取り入れて、ジーンズなどに合わせるのがおすすめです。

こんな着こなしはNG

コーディネートする時に、ピンクの服に、原色系のアイテムを合わせるとまとまりがなくなり、「目がチカチカする」なんて言われてしまう可能性もあります。

また、ピンクでもいろいろと種類はありますが、パッションピンクなどの強い色はなかなかコーディネートが難しいので、さくら色のような薄めのピンクや赤が混ざったような色がおすすめです。

おわりに

最初はなかなか戸惑うものですが、思い切って取り入れてみてください。きっと、コーディネートする楽しさに目覚めてしまうはずでしょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。