生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 女性の愚痴を上手に聞いているように見せる方法

女性の愚痴を上手に聞いているように見せる方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

男性が女性と話をしていて難しいと思ってしまうことの一つに、「女性は愚痴が長い」ことが挙げられると思います。

家族、女友達、恋人と相手は様々でも、女性は男性より話が長く、且つ愚痴も多いのが特徴ですよね。

話は聞いてあげたいけど、この愚痴を適当に聞き流す方法はないかな、なんて思っているあなた。

そんな方に、女性の愚痴を上手に聞いているようで、実は適当に聞けてしまう方法を教えます。

女性の愚痴を上手に聞いているように見せる方法

適度にうなづく

女性としては、とりあえず聞いてくれている安心感がほしいというのが本音。

こちらとしてはあまり聞きたくないかなと思っても、とりあえず「うん、うん」と相槌をうつように努力しましょう。

相槌にバリエーションを

次にその相槌にバリエーションをつけること。

ずっと「うん、うん」だと、女性の方にも「本当に聞いているの?」と思われてしまうので、別の相槌のパターンを自分の中で考えておきましょう。

「あぁ」「そっか」「なるほどね」等は、繰り返し使えるフレーズだと思います。

同調する台詞を入れる

最後に同調する台詞を入れることも忘れずに。

女性から出てくる愚痴に、嫌気がさしてきても、大抵の場合は何時間でも続くわけではありません。

相手も言ってしまったら満足なので、満足度を早くあげてもらうためにも、同調する振りが必要です。

「分かるよ」「大変だったね」等の台詞で、聞き上手な男性になれること間違いなしです。

もし相手が人の悪口ばかり言っていた場合。同調してしまうと後々問題になりかねません。同調するのは、物事に対する愚痴のケースのみにしましょう。

おわりに

女性の愚痴は、基本的に聞いてほしいのがメインで、アドバイスを求めていないという特徴があります。

そこをうまく利用して、相槌をうち、同調しているような態度を取れば、女性はとりあえず満足してくれるでしょう。

深く考えず、上記の方法で、聞き上手な男性を目指してくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110131165840

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る