生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 仲違いしない!バンドメンバーを探すコツ

仲違いしない!バンドメンバーを探すコツ

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

バンドメンバーを募集したい。でもどうやって募集すればいいのか?結成した後気が合わなかったら?好みのジャンルが好きな人を見つけるには?

メンバーを募集するにあたって、疑問や不安はつきものだと思います。そして、せっかく見つけたメンバーも、長く付き合えなければ、良いバンドはつくれないですよね。

そこで今回はバンドメンバーを探す時のコツなどをご紹介します。

バンドメンバーを探す時のコツ

まずバンドメンバーを募集する「広告」や宣伝ですよね。一番早いのはやはりインターネットを使うことです。

ブログやコミュニティを活用

自身のブログを音楽中心のジャンルのブログにして、同じ仲間をたくさんつくり、好きなジャンルやアーティスト、ライヴ情報など、お互いのいろんな情報を交換し合ったり、交流を深めます。

コミュニティに入り、宣伝するのも一つです。募集する前にこちらの情報や好みなどが伝わっていることで、応募される方も安心して応募できるかと思います。

こちらの顔を載せる

インターネットでも、どこかに広告を貼るにしても、自身の顔を載せるのは必須です。応募する方も、その方が安心できますよね。

もうすでに結成していて、「あと一人、ギターを募集します」という内容でしたら、ライブ経歴や、メンバーの集合写真なども載せましょう。

少しでもバンドの雰囲気、ジャンルなどが細かく伝わるように工夫しましょう。

ミュージックバーなどに行く

インターネットや広告でメンバーを探すのも良いですが、自ら足を運んで、ミュージックバーなどに足を運んでみてはいかがでしょうか。

もちろんミュージックバーや、生バンドをやっているお店などには、音楽が好きな人たちがたくさん集まりますから、そこでお友達をつくったり、マスターに情報を聞いたりするのも一つです。

気が合えばメンバーの募集を持ちかけられますし、もしジャンルや好みが違っても、そういう仲間が増えるのは嬉しいですよね。

おわりに

いかがでしょうか。メンバー募集を通して、知り合った人たちに、今後、自分のバンドを宣伝したり、ライヴに誘ったりすれば、ファンができたり、バンド名を知ってもらえたり、そこから輪が広がるのではないでしょうか。

メンバーを募集する際には、こちらの音楽の好みや、好きなアーティスト、年齢、顔や、バンドのイメージなど、細かくたくさん載せましょう。

そのうえで応募してくれる方は、長くバンドを結成していけるのではないかと思います。少しでも参考にして頂けたら幸いです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110130160012

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る